2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ラーメン健やか@三鷹】動物系と貝の旨さを自在に操る三鷹の名手

ラーメン健やか@武蔵野市

今回は東京都武蔵野市。

JR三鷹駅からも程近い美味しいお店。

洗練されたラーメンやつけ麺が食せるこだわりのめっちゃ強い店!って感じです。

 

健やかと言うネーンミングは少し??な感じはありますが、味は抜群です。

TRYラーメン大賞新人醤油部門7位に選ばれた人気店です!

オープンは2017年4月5日です。

簡単に店舗紹介

店名:ラーメン 健やか@三鷹駅

最寄駅:JR三鷹駅から300m

住所:東京都武蔵野市中町1-28-1 矢島ビル 102

電話番号:0422-57-7935

営業時間:11:30~14:30  18:00~21:00

定休日:無し

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

立地はJR三鷹駅北口から300mほどのところにあります。

自動車の場合はナビに従っていけばつきますが、通り沿いと言うより少し脇にあるので見落としやすい場所かもしれません。

駐車場は近くのパーキングに停められます。

 

外観は青暖簾がよく目立ちます。

オープン当社はなかった大きな看板も出来ていて、遠くからでも店を確認することができそうです。

店内レイアウト・環境・コンセプト

店内に入店すると、まずは券売機で食券購入です。

メニューは新店オープン時よりメニュー構成は変わっており、主力メニューは「貝」を使った塩・醤油。

そして、以前よりあった昆布水のつけ麺と煮干し系。

個人的には貝系のメニューは大好物なので嬉しい限り。

名店の多い三鷹駅周辺でも異彩を放つメニュー構成。

※月曜日は煮干し専門「裏健やか」として営業しているようです。

 

レイアウトはオールカウンター10席ほど。

卓上調味料は一切なし。クリーンな卓上です。

これも自信の表れかな・・・

こだわりを丁寧に案内でお知らせしています。

個性の強いつけ麺は食べ方ガイドがありますので目を通しておきましょう。

スポンサーリンク



特製つけ麺 1080円

【 特製つけ麺 1080円 

これぞ健やか名物つけ麺です。

店主さんも一押しの自信作のようです!

全てを一つのお盆に乗せ、食事として提供してくれるのは特別感があっていいですね!

 

麺は、貝昆布水に浸すという独創性。また現代のつけ麺のトレンドでもあります。

麺は210g国産小麦100%の自家製で綺麗に整えられており美しい。

 

早速オススメの通りに食していきます。

最初は添えられている宮古島の雪塩を箸で掴んで、麺につけてそのまま頂く。

・・・塩めっちゃ合う!

小麦の香りや、そもそもの麺のうまさが引き立てられ個人的には斬新で美味しい!

 

つけ汁は醤油ベース。

中には豚・鶏のチャーシューがIN。

見た目はやや濃い醤油色。

 

粘度もなくシャバシャバ感が強いので、結構ライトに洗練された味わいかと思いきや少し違います。

口当たりは爽やかな感じですが、結構鋭い醤油の味わいや深みがあり美味しい!

次の一口!次の一口!へと箸を進めたくなる味わい。

 

丸鶏などの動物系と、ホンビノス貝、アサリなどの魚介が合わさったつけ汁は、仕上げにトリュフの効いた、イタリア産調味料タルトゥファータもINという事で強いこだわりが見えます。

味玉は濃厚で美味しい!

別皿で提供された、豚・鶏の低温調理チャーシュー。

特に鶏チャーシューは、味わい深く、品があり、食感もお見事!美味い!

 

最後に麺を食べきったら、貝昆布水をつけ汁に入れて飲むとまた美味しいですよ!

懸念点としては、やはり貝昆布水に浸してあるからこそ、つけ汁が冷めやすいので最後の合わせスープを飲むときは正直冷たい。。

とはいえ、つけ麺に関しては斬新で美味しかった!

特製塩と貝 980円

【 特製塩と貝 980円 

※2019年3月往訪。

こちらはオープン当初はなかったメニュー。

貝の旨味を主役としたメニュー。

塩と醤油があるわけですが、今回は塩をチョイス。

トッピングは、2種のチャーシュー・穂先メンマ・ネギ・かいわれ・味玉。

スープは主に動物系の鶏・貝を合わせたもので、貝の旨味が口内で瞬く間に広がる。

見事に貝のエッジが効いており、その中で違和感を残すことなく旨味成分が味をまとめます。

勿論美味しい!

麺は中細麺。

非常に歯切れが良くパッツン系の極み。

2種のチャーシューはともに低温調理を施したもの。

豚チャーシューは、レア感を最大限主張し、口に含むと肉の旨味のパラダイス。

めーーっちゃ美味い!

鶏チャーシューは胡椒等で下味がつけられ、濃厚なハーブ鶏のような味わい。

歯入れした際の食感もお見事で、2種とも抜かりのないチャーシューです。

味玉は硬めの調整。

個人的な感覚では、上品で高級志向な「つけ麺」と強くて鮮烈な貝の旨味を堪能できる「塩と貝」という印象。

軍配を挙げるとしたら塩と貝の方(ラーメン)ですかね。

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。