2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

〔閉店〕【らぁ麺 水嶋@甲府市丸の内】

らぁ麺 水嶋@甲府市

今回は、甲府市。

鶏白湯で人気の水嶋さんが、再・再度の移転。

初期店舗の頃から、旨さはなかなかのものだったので、この移転で更なるバージョンアップを期待します!

 

移転日は2018年8月1日。

簡単に店舗紹介

 

店名:らぁ麺 水嶋

最寄駅:甲府駅南口から徒歩2分

住所:山梨県甲府市丸の内2-3-3 今村ビル 1F

電話番号:055-233-5577

営業時間:11:00~24:00

定休日:日曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は甲府駅南口から近い!

立地は、これまでの旧店舗と変わって一気に人の多いエリアになりました。

甲府駅南口から徒歩2分ほど。

県庁の道路を挟んで向かいにあります。

 

立ち食い焼肉鷹のさんと同じ店舗として営業しています。

基本的に昼営業は水嶋さん。夜営業は鷹のと水嶋さんの合同営業のようです。

麺じい

肉も締めのラーメンも食せるとは面白いのぉ

店内レイアウト・環境・コンセプト等

入店すると、奥に長いカウンターで清潔感ある木の空間。

ベースは焼肉屋なのに綺麗にされています。

 

入店してすぐに券売機。新たに券売機設置したんですね。

ランチタイムはお得なセットメニューがあります。

初期の頃よりは価格ベースは上がっていますね。

 

以前までのグランドメニューにはつけ麺はなかったと思うので、つけ麺は食してみたいなぁ。

カウンター14席だったかな。

席間はそれほど広くはないけれど、ぎゅうぎゅうに埋まることは少ないかもしれません。

卓上は、胡椒・酢。

テーブルは焼肉焼くコンロでしょうか。ランチタイムは埋めてあります。

 

夜用に焼肉メニュー。

A4・A5ランクのメニューがたくさんあるのには驚き。

B つけ麺ランチセット 1000円

【 B つけ麺ランチセット 鶏白湯塩 1000円 】

ランチセットは、ラーメンとつけ麺があります。

その中のつけ麺をチョイス!

 

醤油・鶏白湯醤油・鶏白湯塩のいずれかから味を選択できます。

鶏白湯のお店なので、是非鶏白湯を選択しましょう。

 

相変わらずの調理時間の早さ。

麺じい

この店は待たせないのぉー

麺は非常に個性的で、平打ちのピロピロ系。

都内人気店【せたが屋】のような艶ある麺です。

 

チャーシューは2種。豚と鶏ムネの低温調理。

つけ汁は、鶏白湯色。

黄金のつけ汁は、メンマと青ネギが浮かべられています。

やや強めの塩分濃度ではあるけれど、旨さがしっかり残り丸みのある白湯スープです。

以前からそうですが、水嶋さんは何か不思議な旨味成分が入っている感じがしますね。

 

男性陣は、旨味あるつけ汁にこの麺だと麺大盛りでもいいかもしれません。

結構テンポよく食していけるでしょう。

最後はスープ割りで完食!ごちそうさまです。

 

ちなみこちらはランチに付いてくるご飯物。

チャーシューめし・カレーめしの2種からオーダーできます。

 

鶏白湯ラーメン 

【 鶏白湯ラーメン 】

写真は以前の移転前の際に食したラーメンです。

大きくは変わらないと思いますので、参考までに記事を残しておきます。

 

デフォのトッピングはチャーシュー・2種の刻みネギ・味玉・海苔・メンマなど。

さぁスープから頂いて行きます。

ややクリーミーな色がかった白湯スープ。

見た目以上にサラリとしてて、飲みやすくコク深い感じ。

 

しつこくもなければ、さっぱりしすぎてもいない。

ちょうどいい感じの塩味。

うん、飽きないね!!

麺は中細ちぢれ麺。

最近のラーメンでは珍しい麺のチョイスですが、麺量も少なすぎずズルズルイケてしまいます。

 

トッピングのチャーシュー・味玉も美味しく満足。

いつのまにかスープまで完飲。

全体的には、あっさりしているけど、深さもあり、よくまとまっているラーメンです。

飲んだ後のシメにも良さそうですね!

鶏白湯ラーメン コテ辛 800円

【 鶏白湯ラーメン コテ辛 800円 】

こちらは鶏白湯のコテ辛。

通常の鶏白湯に+50円のコテ辛食券を合わせて購入。

 

食券提出時に、醤油・塩の選択と、細麺・太麺の選択をします。

今回は醤油・細麺でオーダー。

 

トッピングは鶏・豚の2種チャーシュー・青ネギ・メンマ・挽肉・海苔。

日に日にトッピングの構成も変化していますね。

スープはおなじみの水嶋仕様の鶏白湯。

コクあるスープに辛み成分がプラスされています。

激辛ではなく、ほんのり辛いので辛いのが得意でない人も食しやすいとは思います。

縮れ細麺であるため、箸での掴みやすさ・リフトのしやすさが良く、テンポよく食を進めていけます。

スープのコク深さは、ここ水嶋さんの売りでもあり、スープと麺の相性も良いものと感じます。

太麺は食してないけれど、きっと細麺の方が良いかも!と想像させます。

 

チャーシューは鶏・豚バラの2種。

鶏チャーは現代のラーメン市場で増えてきており、時代の乗ったチャーシューです。

どちらもそんなに厚みはなく控えめだが、悪い点も特になく及第点と言えると感じます。

 

個人的にはコテ辛より、従来の鶏白湯の方が好みかなという印象。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。