2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

〔閉店〕【らーめん工房 寛菜@甲府市】

こちらのお店は閉店しています。記事は残ります。

新店舗 らーめん工房 寛菜@甲府市

 今回は、山梨県甲府市の新店舗の紹介です!

 

甲府市国道沿いの比較的目立つ場所に、いつの間にか出来ていた新店舗です!

その名は「らーめん工房 寛菜」さん。

「かんさい?」でいいのかな?

 

 

立地が立地なだけに今後知名度を上げていくのではないかというお店です。

それではどうぞ!

立地・駐車場など

fullsizer
立地は山梨県甲府市。

 

甲府バイパス下り、下小河原町歩道橋脇。

小瀬の信号を過ぎて立体の側道で、以前「うどん塾」があった場所です。

 

下り車線からでないと入れないはずなので、少し入店が難しいですね。

 

駐車場入り口には小型の電光掲示板でしょうか・・・

入り口を示す看板があります。

 

駐車場は合計17台ほど駐車できますよ!

 

店内レイアウト・環境・コンセプト等

fullsizer-5

 

店内は入店してすぐ、小型の券売機。

メインは醤油・塩ラーメン、つけ麺がベースのメニュー。

 

開店してしばらくは、メニューもある程度制限されている日があるようです。

 

入店してすぐ感じたことは、魚介系のふわっとしたいい匂い。

魚介が重要な役割を担っていることは感じ取れました。

 

しかし、券売機の食券には、魚介を匂わす表記はありません。

今回は特製ラーメン・醤油をオーダーです。

 

因みに、席のレイアウトは、カウンター4席。

2人テーブル×4。4人テーブル×3。

 

人柄の良さそうな店主さんと、お姉様方が頑張ってらっしゃいます!

 

店内は、シックな落ち着いた色調の壁紙。清潔感もあり!

張り紙等もほぼ無く、至ってシンプルでボクは好きな方。

ただしオープン当初の現時点では、コンセプトや案内が無いのに加え、営業時間の表記も見当たらなくてちょっと驚き!

 

※営業時間はAM11:00〜PM21:30の通し営業が基本らしいです。

今後営業時間の変更も考えられますのでご注意ください。

 

ラーメンの登場・具・味

fullsizer-4

【 特製醤油ラーメン 880円 

着丼まで5分ほどでした。

ちょうど混み始める前だったので、比較的早めにできました!

 

丼は浅めで面積の広いもの。

トッピングは、チャーシュー・ネギ・煮たまご・海苔・メンマ・三つ葉。

 

ビジュアルは「THE醤油」といいう綺麗な色合い。 

それほど強い魚介は香らず。

 

一口食すと・・・

おっ!濃いか!?と感じますが、それほど濃くはない。

醤油の強みを感じ、同時に魚介の風味を感じます。

煮干?カツオ?アゴ?この辺と思える柔らかな風味です。

 

 

ファーストインパクトは印象強く、その分、あと味や奥行きは控えめな印象。

安心感があり、万人受けしそうなスープです。

 

fullsizer-3

 麺は細くもなく、太くもない、中麺と言いましょうか。

食べ応えがありますよ!

 

fullsizer-2

煮たまごはトロットロでウマウマでオススメ!

 

チャーシューは濃すぎず薄すぎずオーソドックスな肉々しい印象。

個人的には三つ葉がいいアクセントになっていると感じます。

メンマは、メンマというより、メンマになる前のタケノコ!って感じです。

食感も強いです。

 

最終的にはスープ量もそんなに多くは無いので、楽チン平らげられます!

 

ラーメンの新店舗の多くは、時間が経つに連れて一層の研究を重ねていくことが多いですね。

メニューもこれから揃ってきて、万全な状態になることを楽しみにしています!

 

以上、甲府市の新店舗のご紹介でした!

 

ごちそうさまでした!

詳細情報

らーめん工房 寛菜

 
電話番号:055-241-1550
 
営業時間:[平日]11:00~15:00(L.O.14:30) 18:00~22:00(L.O.21:30)

     [土・日・祝]11:00~22:00(L.O.21:30)

定休日:火曜
 
※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です