筆者が選ぶ★2021年山梨県内ラーメンランキング

【入鹿TOKYO@六本木駅】深く厚みある極上スープで始動する2号店

今回は2021年10月10日に六本木にニューオープンとなった【入鹿TOKKYO(イルカトーキョー)】さんへ。

コチラのお店は2019年5月に東京都東久留米にオープンした【入鹿TOKYO】の2号店となります。

1号店のオープンから既に高い実力は魅せていたので、今回のオープンも更なる高みに辿り着いていることでしょう。

 

店主さんはAFURI・凪・麺屋一燈らの超人気グループ店での修行を経て、入鹿TOKYOをオープンしてきたので、これら人気店の教えはラーメン作りの土台になっていることでしょう。

久留米の1号店は非常に綺麗で洗練された一杯を作っていました。

今回も同様・より以上のクオリティを期待しています。

麺じい

六本木で新店舗ってなかなか聞かんし大胆やなぁ〜!

 

簡単に入鹿TOKYO 六本木の店舗紹介

 

店名:入鹿TOKYO 六本木

最寄駅:六本木駅より徒歩1分

住所:東京都港区六本木4-12-12 穂高ビル 1F

電話番号:03-5786-0029

営業時間:[火~土]11:00~15:00 18:00~21:00[日]11:00~15:00

定休日:月曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

お店の場所は六本木駅からスグの超好立地

入鹿TOKYO

入鹿TOKYO 六本木

六本木駅

六本木駅出口7からスグ

お店の場所は六本木駅出口7から左に出て1分以内です。

東京ミッドタウンも徒歩2分の距離にあり、日本トップクラスの家賃なんちゃう?と思えるスーパー好立地!

店舗外壁にメニュー

店舗外壁にメニュー大看板が!

店舗に入る前にどんなメニューがあるのか外壁から確認できます。

鶏・豚・海老・貝の史上初のカルテットスープというフレーズが印象的です。

暖簾

ダメージ加工?しわ加工?な暖簾

六本木でブレイクするラーメン店は希少なので、今後大いに期待です!

店構えもしっかり入鹿TOKYOと認識できる堂々とした佇まい。

話題性も強く六本木エリアでは相対するライバルも少なそうで、暫くは混雑が続きそう。

並び方の表記

並び方はメニュー大看板の横に表記あり

並び方

並び方はちょっと特殊だから気をつけて

ビジョン前

2列目は店舗向かいのビジョン前のカラーコーン後ろに

外待ち時は椅子4脚あり先頭から座れます。

以降(5人目以降)は道路挟んだ向かいのビジョン前のカラーコーンの後ろに並んで行きます。

場所も少し離れるので注意。

 

スポンサーリンク

メニューはシンプルだがこだわりがエグい!

券売機

券売機

階段を下りながら入店して券売機。

メニューのラインナップは比較的シンプル。

  • 柚子塩らぁ麺
  • 塩らぁ麺
  • ポルチーニ醤油らぁ麺
  • 醤油らぁ麺

…と醤油と塩にスポットライトを当てた構成。特製仕様にすると1300円は超える価格帯。

ご飯ものも充実。テイクアウトラーメンやカツサンドの販売もあります。

多くのお客さんはラーメンとご飯ものを注文します。

素材の説明

素材の説明が極めて丁寧に記載されている。

具などの説明

具などの説明も丁寧に記載

店内に入ってラーメンが出来上がるまでの間、卓上の書き物に自然と目が通ります。

ラーメン作りに関する素材の説明も事細かに記載されており、店主さんの人柄と几帳面さが表れています。

無化調

もちろんラーメンは無化調

柚子塩とポルチーニのアクセント

柚子塩とポルチーニのアクセントについても記載

当然の如く扱うラーメン類は全て無化調。

看板メニューの柚子塩・ポルチーニ醤油に関してはアクセントの説明が書かれています。

それぞれ独特の風味が楽しめます。

イルカイラスト

可愛いイルカイラスト

卓上

卓上には調味料無し。自身の表れ。

座席は変形カウンター8席。

照明もオシャレで店内の雰囲気は完全に高級ラーメン店の装い。

小川店主はじめ、従業員同士の雰囲気も良く接客も丁寧です。

スポンサーリンク

ポルチーニ醤油らぁ麺 特製

ポルチーニ醤油

ポルチーニ醤油らぁ麺 特製 1430円

着丼です。1号店では柚子塩を食べたので今回はポルちゃん。

トッピングは鴨チャー・豚チャー・鶏チャー・味玉・2種の鶏団子・九条ネギ。

とても美しいビジュアル!

スープ

業界初!?カルテットスープ

スープは高級鶏の名古屋コーチン・鹿児島県産黒豚・伊勢海老・ムール貝4種を使用した業界初!と言うカルテットスープ。

スープの温度によって移りゆく味の変化を、巧みに計算&コントロールした作り上げた極上スープは一口啜っただけでポルチーニと出汁の深みと厚みがグググッと味覚に染み渡る。

直感的にシンプルなスープだ!と感じることはなく、いろんな素材が隠れているなぁ…と感じるホントにホントに奥深いスープです。

麺

中太の滑らか麺

麺は滑らかさを感じる中太のストレート。

多少の色気を感じさせる麺で、スープとの絡みも良く、一啜り一啜りを大切にさせる魔力がある。

ラーメンのスタイルとしては六本木にマッチした高貴な味わい。

鶏チャーシュー

胡椒の風味感じる柔らか鶏チャーシュー

鴨チャーシュー

鴨チャーシュー

特製仕様のチャーシューは鴨・鶏・豚と3種。

鴨は低温調理後ローストしてあり、柔らかく適度な歯応えが特徴。

鶏は柚子果汁に漬け込んだ逸品で、適度な胡椒の風味が相まってマジ美味しい!

鶏団子

2種の個性的な鶏団子

特製に含まれる鶏団子はピンクの方が海老&ナッツ。白い方がバジル&柚子。

ピンクは海老の風味が際立ち、白い方はバジルの力強さが目立ちます。

食感もコリコリで美味しいです。

味玉

味玉は超濃厚!

メンマ

柔らかく適度なコリコリ感のメンマ

味玉は超濃厚で橙色。

一般購入ができないと言うプレミアム奥久慈で濃厚過ぎて、丼やレンゲに黄身が付着するとなかなか取れないほど。

豚チャーシューの上

豚チャーシューの上にはベーコンとブラックデュクセルソース

ビジュアル的に気になるのは豚チャーシューの上にあるベーコンの更に上のペースト。

コチラはトリュフとキノコの旨みを詰め込んだ森の幸ペーストが鎮座。(ブラックデュクセルソース)

風味が強く、味変材料としてスープに溶かしながら頂くと旨みブーストで変化を楽しめてとっても美味しい!

 

美味しく頂きました。

改めてラーメンって難しいなぁ。と思うと共にラーメンの可能性って凄いなぁ!と思わせる記憶に残る一杯でした。

恐らく今後、様々な賞レースを受賞していくであろう店だと断言します!

ごちそうさまでした。