2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【本田麺業@神田】麺処ほん田の3号店。自家製手揉みのラーメン・つけめん

今回は東京都千代田区内神田に2023年1月15日にオープンした【本田麺業】さん。

屋号に本田の姓が付くのですが、東京ラーメン界の超実力者麺処 ほん田@秋葉原の系列店になります。

本田(ほん田)屋号では秋葉原・東十条に続き3店舗目(3号店)になります。

麺処ほん田の3号店
麺処ほん田の3号店となる

開業に関する事前アナウンスはなく、突如Twitterにてオープンを告知。突如のガイドにも関わらず、初日からしっかり行列が作られていたのは流石ほん田さん!

ほん田イズムを継承しつつ、新たなラーメン・つけ麺の提供を神田の地でやっていかれると思いますので期待ができますね。

秋葉原・東十条とはまた違った形での一杯に舌鼓を打ちましょう。

麺じい
麺じい

今回もめっちゃええ立地やなぁ。。。

簡単に本田麺業の紹介

店名:本田麺業

住所:東京都千代田区内神田3丁目7-1

最寄駅:神田駅西口より徒歩1分

電話番号:不明

営業時間:10:00~15:00 18:00~21:30 [日] 10:00~16:00

定休日:無休

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は神田駅西口から徒歩1分の好立地

スタイリッシュな外観 本田麺業
スタイリッシュな外観 本田麺業

本田麺業さんのお店の場所は東京都千代田区内神田の人通りの多いエリア。

最寄りの駅は神田駅西口で徒歩1分と好立地。

秋葉原店も駅から激チカですが、コチラ神田も駅から激チカのスーパー好立地となっています。

デカ表札
貫禄あるデカ表札
暖簾
暖簾も貫禄を感じさせる

スタイリッシュで洋風っぽい外観ですが、店舗横にある表札は貫禄ある漆黒の表札。

暖簾も白く貫禄のあるシンプルスタイル。

期待に胸膨らませ、外の並びに接続します。

食券は買わずに並ぶ
食券は買わずに並ぶ

なお券売機横には上記の「食券は買わずにお並びください。」の案内。外並びの際は、まず食券は購入せず並ぶのがルールのようです。

並んでいるといずれ店員さんが来て食券購入の誘導をしてくれます。

外並び時は列が長い場合には、向かいの「焼鳥日高」の横からも列が伸びることがありました。並び方・食券購入タイミングは今後変更になるかもしれません。

スポンサーリンク

大人気のオススメメニューはつけめん!

券売機のトップページ
券売機のトップページ
つけめんメニュー
つけめんメニュー

券売機はお店の外に設置してあり、店員さんの誘導のもと食券購入を致します。

券売機はタッチパネル式で「つけめん」「らぁめん」とあるがオススメはつけめんかと思われる。

来店しているお客さんのほとんどがつけめんをオーダーしていた。そしてあまりボタンが目立たないが、麺大盛りとおかわりつけスープは右下に表記されている。案外人気なのは「おかわりつけスープ」。つけ汁を醤油・塩の両刀で食べたい方はこの食券を購入する事で、提供時につけ汁2杯分やってくる!

麺じい
麺じい

価格は秋葉原同様高めの現代価格やな。

大山どり重
オススメされる大山どり重

麺類の食券を購入に向けて進めていると、「こちらもオススメです!」と券売機からアナウンスが流れる。

なんとラーメン屋としては意外過ぎる「大山どり重」がオススメされるのだ。

ラーメン屋のご飯類としては一般的な価格だが、飲食店でこのようなご飯類をこの価格で出してくれるのはリーズナブルでかなり良心的!しかもお重に入ってくるんだから!

調味料
調味料

店内誘導されると美しく清潔な店内。

レイアウトはカウンター6席・2名テーブル×5・4名テーブル×1となっている。

卓上調味料は、胡椒・藻塩・レモン酢・唐辛子。店内に誘導されたら然程待つことなくスムーズに着丼となります。

スポンサーリンク

自家製手揉みつけめん 特上

自家製手揉みつけめん 特上
自家製手揉みつけめん 特上
極太の手揉み平打ち麺
極太の手揉み平打ち麺
つけ汁
つけ汁

着丼です。

特上のトッピングは麺側に、鶏&鴨チャーシュー・味玉・海苔・大葉。つけ汁側にワンタン・ネギ・豚チャーシュー・メンマといった所。

麺は見ての通りかなりの極太。自家製の平打ち手揉み麺となります。

つけ汁と合わせる
つけ汁と合わせると、厚みある旨みが押し寄せる

自家製の手揉み平打ち太麺は、藻塩を振り掛けても美味しく頂けます。

モチっと&ワシッと感も両立した太麺は、太麺なので麺の本数こそ少なめだが、一本あたりがズッシリ重くかなり食べ応えのあるサイズ感。

太く存在感の強い太麺に合わせるつけ汁は、動物や魚介をバランスよく配合したと思われる醤油つけ汁。これだけ太い麺なのでつけ汁の味の輪郭はかなりハッキリし、塩みの鋭さもあるので結構インパクトが強い。

感覚的につけ汁で食べる麺というより、つけ汁でも麺本体でも両方バランスよく楽しめる印象。

吊るし焼き鶏チャーシュー
吊るし焼き鶏チャーシュー
レア鴨チャーシュー
レア鴨チャーシュー

鶏チャーシューは吊るし焼きと思われるブリンと厚切りの鶏。吊るし焼き由来?の芳醇で香ばしい香りが食欲を増幅させる。鶏自体もかなり肉厚でボリューム満点で美味しい!

鴨チャーシューはレア仕様で、口当たりはトロッととろけるような舌触り。

つけ汁の中の細切り豚チャーシューは、濃いめの味が染みて抜群に美味しかった。

つけ汁側に沈むワンタンも美味。皮はやや薄めでスルッとトロッとトゥルトゥルな舌触り。中に入っていた小海老は香りが立って美味しかった。

最後はスープ割を頂いてつけ汁と割ってごちそうさま。やや塩分濃度が強い印象でしたが、今後も更にブラッシュアップされ、激戦区神田でどんどん名を上げる店舗になっていくでしょう。ごちそうさまでした。