筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【麺匠八雲 本店@堀切菖蒲園】若き才能開花!元AKB店主が作りあげた自信の一杯

麺匠八雲 本店@葛飾区 堀切菖蒲園

今回は東京都葛飾区堀切。

ややローカルなこの土地に、これまた一つ個性のあるお店ができました。

その名も【麺匠八雲 本店】。

麺じい

やくも じゃなくて やぐも やぞ!

 

元バイトAKBのまゆか店長改め梅澤愛優香さんが店主を務める麺匠八雲の2店舗目となります。

神奈川県の大和市が元祖。今回の堀切菖蒲園の店舗を本店とし営業を進めていくこととなりました。

参考

八雲店主紹介麺匠八雲

まゆか店長は、2018年現在22歳。

若くして店主となっても、旨いラーメンを独学で作れちゃうのは凄いことです。

しかも、毎朝4店舗分の自家製麺しているとのこと。凄い!(大和店・本店・煌龍軒相模原1号店・煌龍軒大森店)

オープンは2018年10月17日。

簡単に店舗紹介

店名:麺匠八雲 本店

最寄駅:京成堀切菖蒲園から徒歩5分以内

住所:東京都葛飾区堀切3-4-13

電話番号:不明

営業時間:11:00~15:00  17:00~22:00

定休日:月曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

立地は京成 堀切菖蒲園から徒歩5分以内。

道路沿いに見えるは、八雲ビル!?

堂々たる出で立ちで遠くからでもお店が見えます。

和風な出で立ちの入り口。

店内が満席の場合の待ち方について表記があります。

親切に説明書きがあるものの、並びのスペースが5mくらい離れているので若干わかりづらく、間違える人もしばしば。

店舗入り口に対して回れ右をすれば、待ちのスペースを発見できると思います。

麺じい

一瞬バスの停留所の並びかと思ったで

 

なお、店内へのご案内へのスピードは結構遅く、お客さんをまとめて店内に入れていくような印象。

猛暑日や、寒気の強い日にはお客さんが大変そう。

いよいよ店内へ、まゆか店長が直々にご案内です。

店内レイアウト・環境・コンセプト

メニューはご覧の通り。

結構レパートリーがあるようにも感じます。

1番のメインは味噌になりますね。

メニューを見ていくと、北海道にスポットを当てたコンセプトに見えますね。

ざんぎ(唐揚げ)も人気メニューの一つのようです。

 

なお、券売機はなく、食後に入り口のレジでお会計となります。

 

店内レイアウトはカウンター席のみ8席。

席と壁の距離は結構狭いです。

今回は八雲特製味噌をオーダー。

なお、店内には写真撮影(店員や他の客が写るような)に関する注意書きが・・・。

恐らく元アイドルというところで、許可なく撮影したりすることの警戒の表れかなと思います。

ちなみに厨房は強めのすりガラス状となっており、一切厨房の雰囲気を見ることはできません。

これも警戒の一つでしょうか。。

ラーメン好きとしては、厨房の雰囲気や作る人の表情などを見るのも楽しみの一つなので正直悲しい。

麺じい

待ち時間スマホ見るしかなかったで

 

八雲特製ラーメン 味噌 1100円

【 八雲特製ラーメン 味噌 1100円 

着丼。

入店してから提供するまでまぁまぁ早かったです。

トッピングは、チャーシュー・海老ワンタン・メンマ・刻みネギ・もやし・味玉・海苔・糸唐辛子。

見た目はなかなか美しい!

 

かっこいい八雲レンゲでスープをすくって飲んでみると、非常に優しい口当たり。

2種類の味噌から構成されりており、ふんわり広がる芳醇な風味で美味しい。

やや化調感がありますが、スープを飲んでも飲んでも飽きがこないのは素晴らしい。

 

店では濃厚な味噌と書いてありますが、芳醇でライトに旨味広がる味噌という印象。

麺は中太ストレート。

毎朝まゆか店長自ら製麺をしているとのことで、正直味噌ラーメンに合う麺です。

サッポロ味噌ってこうだよな!という世の常識の部分をうまく残してくれています。

 

レアチャーシューと海老ワンタンも見もの。

特に海老ワンタンは皮も中身もプリプリで食に変化を与えてくれます。

味玉はやや熟し。そして旨し。

特にラーメンを食べていくにあたり、もやしの存在感が大きかったです。

食感を残すように炒めてあるので、その食感がまた楽しい!

 

まゆか店長はまだまだ若いので、更なる研究を重ねてもっとビッグになっていってほしいですね!

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。