筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【はなわ家@甲府市】上石田に横浜家系!ライトだからこそ活きる味変!

はなわ家@甲府市

今回は甲府市!

新たな横浜家系がオープンとのことで行ってきました。

その名も「はなわ家」。

 

甲府市に新規オープンのお店。

店主さんの出身は不明だが、風の噂では某大手チェーン出身のようです。

立地も悪くはないですが、勇気ある場所に新規出店です。

 

オープンは2019年8月6日。

麺じい

昼も夜もしっかり営業しとるでー!!

簡単に店舗紹介

 

店名:はなわ家

最寄駅:甲府駅から2km

住所:山梨県甲府市上石田2丁目39-14

電話番号:不明

営業時間:11:00-15:00  18:00-23:00

定休日:月曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

立地は甲府市上石田。

タンメンの名門「福吉」の真隣という凄い立地に新規オープン。

 

ここで問題は駐車場。

店前は正直停めるには厳しい。

福吉も別場所に10台ほどの駐車場がありますが、そちらは停めてはダメですよ!

 

ご安心ください!

50mほど離れた場所に駐車場があります。

お店と道路を挟んだところに「栄寿司」さんがあります。

栄寿司とファミマの間の道の奥に専用駐車場があります。

駐車可能台数5台ほどとのことですので、自動車の方はこちらに停めましょう。

オープン3日間(2019年8月6日〜8日)はラーメン500円セール!

店外にはいくつかの祝いの花。

都内など有名家系店でも使用されている大橋製麺を使用していることもここで分かります。

店内レイアウト・環境・コンセプト

入店してすぐ券売機。

ラーメンは基本的に「醤油」「塩」「味噌」から選びます。

食券を渡す際に伝えます。

 

オープン3日間はラーメン(並)のみ500円。

オープン初日ということもあり、オペレーションはまだ未確立感はあります。

 

満席時、お客さんはどこで待つのか?

お好み(濃さ・油の量・麺の硬さ)の伺いは無し。

この辺は今後に期待!

 

店主さんと助手さんともにお客さんへの挨拶・対応はしっかりしています。

ただ活気はあまりなく、ここも落ち着く頃に期待しましょう。

ラーメン作りの回転はそれほど遅くはありません。適正かと・・・

卓上調味料は、ニンニク・豆板醤と基本的なものはあります。

麺じい

ゴマ・胡椒はなかったで〜

店内レイアウトは、カウンター6席・4名テーブル席×2。

白い壁紙で清潔な印象。

ちなみに餃子↑は羽根つき。

ラーメン 醤油 500円

【 ラーメン 醤油 中盛 60円 

着丼です。

オープン価格500円に1.5食で600円です。

トッピングはチャーシュー・ほうれん草・ネギ・海苔と王道仕様。

ビジュアルとしては良し!です。

醤油のスープは提供時で、やや油の膜が張るラムスデン現象に。

少し冷めたのかな?という思いの中、スープを含むと、豚骨の旨みや淡いコクを感じる味わい。

醤油の力強さはほどほどに、ライトな印象の醤油豚骨スープ。

 

食券を渡す段階で、濃いめ選択は人によっては推奨かもしれません。

 

未成熟なスープの印象であるため、ニンニクや豆板醤を入れた際のスープの変化量が面白い!

結構味わいが変わり、このニンニク豆板醤のセットは個人的にお気に入り。

 

また、スープは現在の家系シーンで非常に多くなっているクリーミー系寄りではないので、かえし(醤油)の使い方一つで大きく化ける可能性を感じさせるスープでもあります。

麺は大橋製麺の中太麺。

都内でも家家家麺屋庄太などでも使用されているメジャーな製麺所の麺。

麺自体はなかなか良く、今後益々スープとの一体感を持たせてほしいな!と感じる。

ラーメン 塩 500円

【 ラーメン 塩 大盛 68円 

こちらは塩!

大盛り2食で680円。(オープン価格)

スープはスープにゴマが浮かび、透明度が若干上がるビジュアル。

 

塩は醤油以上にライトな味わいで正直インパクトは弱め、すなわちより断然醤油!って印象。

味噌は未食だけど、はなわ家さんに行ったらまずは醤油を食べてみましょうね!

今後の発展を期待しています。ごちそうさまでした