筆者が選ぶ★2021年山梨県内ラーメンランキング

【貝出汁専門 拉麺 はま家@六本木駅】宮城県仙台からの移転

貝出汁専門 拉麺 はま家@六本木駅

今回は2021年5月10日にオープンの「貝出汁専門 拉麺 はま家 六本木店」さんへ。

コチラのお店は、宮城県仙台市の夜から営業の「拉麺 はま家」さんの移転店舗です。

コチラ六本木の移転先は、六本木餃包の昼の時間帯だけの間借り営業となっています。

 

東京初進出が六本木とはなかなかハードルを上げましたが、是非人気店に上り詰めて行って欲しいです。

お店のコンセプトも最近徐々に増えつつある「蛤」を中心とした貝出汁ラーメンを提供する店。

麺じい

その名の通り貝出汁のコクある一杯が食えるで!

 

簡単に店舗紹介

 

店名:貝出汁専門 拉麺 はま家

最寄駅:六本木駅a4・6出口からすぐ

住所:東京都港区六本木4-9-8 リラビル1階

電話番号:不明

営業時間:11:30〜14:30

定休日:土・日・祝日

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

お店は六本木交差点の近く

はま家のp場所

はま家は六本木交差点のスグ近く

店は六本木交差点からスグの位置で交番の隣です。

六本木駅からは出口a4か出口6が最も近いかと思います。

上述した通り六本木餃包の昼の時間帯を間借りしての営業となります。

はま家の外観

はま家は六本木餃包の間借り営業

立地としては抜群にいい場所です。

店構えは完全に六本木餃包の外観ですが、営業時間帯は【間借りのラーメン】や【店頭メニュー表】が掲示されていて、歩きながらもラーメン屋さんがあるのが分かる出立ち。

店頭案内

店頭にはメニューなどの案内がある

店頭にはメインメニューの「しそ塩そば」「ゆず塩そば」の二枚看板メニューが掲示されています。

勿論ベースは蛤をメインに扱っています。

 

スポンサーリンク

ラーメンは蛤ベースの柚子と紫蘇

メニュー

メニューは看板2商品!

限定麺

限定麺もあるよ!

メニューは上述の通り「しそ塩そば」「ゆず塩そば」の2種。

そして限定麺も週替わりであるようです。

ベースは蛤をはじめとした貝です。

店内風景

店内は六本木餃包のまま

卓上調味料

卓上調味料もそのままかな

店内の雰囲気は六本木餃包の間借り営業ということで、店内のレイアウト・POP・ディスプレイ・調味料等はそのまま。

BGMまで、中国系のインストが流れていて本当に自分のラーメンだけ作っているという印象です。

 

スポンサーリンク

しそ塩そば 味玉のせ

しそ塩そば

しそ塩そば 味玉 1000円

着丼です。

トッピングにチャーシュー・味玉・ルッコラ・細切りメンマ。

スープ

透明な貝出汁ベースのスープ

スープは表面にジェノバソースのような粉末が浮遊していて、蘊蓄にも書いていないジェノバソースが入るイタリアン仕様なのか!?と思いきやこれは大葉であることが判明。

スープのベースは蛤や恐らく浅利等も使用した物に、紫蘇油・オリーブオイルがまとう物。

ベースの貝のエッジは程々に、バランス感を重視させたような味わい。

 

紫蘇も中盤以降は香りが落ち着き、オリーブオイル・大葉等の香りも相まって、良くも悪くも複雑性を帯びて形容が難しい味わいに変化。勿論スープとしての味わいは良いが味の表現が難しいと言う事です。

中細麺

中細麺

麺は中細麺でひとすくいで麺量を持てるのでスープの絡みも良いです。

貝の旨みもしっかり持ち上げズルズルと良い音を立てながら風味とともに美味しさを堪能できます。

レアチャーシュー

レアチャーシューは結構厚い

味玉

味玉美味しい!

低温調理チャーシューと味玉。

全般的にはスープの味わいが印象的な一杯でした。

今後も頑張ってほしいですね!ごちそうさまでした。