2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ラーメン二郎 三田本店@三田駅】早朝スタートの本家二郎はやっぱり美味い!

ラーメン二郎 三田本店@三田駅

今回は、ラーメン二郎三田本店です。

往訪タイミングは2019年12月中旬。

この三田本店のでの食事において【東京都内のラーメン二郎を全制覇】達成しました。

いろんなラーメンとの出会いがあって感慨深いですね!

↑じゃんっ!全国制覇は絶対やらんぜ〜!(笑)

 

 

・・・ということで、最後は二郎総帥のもとでの一食!

朝から気合を入れていきました。

そう・・・全てはここから始まったんです。(移転はしてるけど・・・)

 

食べログ東京百名店にも2017・2018・2019年連続受賞店舗です。

麺じい

二郎生みの親の麺上げで最高の一杯を食ったでぇ

簡単に店舗紹介

 

店名:ラーメン二郎 三田本店

最寄駅:三田駅A3出口から徒歩8分

住所:東京都港区三田2-16-4

電話番号:不明

営業時間:8:30~15:00 17:00~20:00

定休日:日曜・祝日

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

場所は都営三田線の三田駅を降りてA3出口から徒歩8分ほど。

桜田通沿いに位置します。

店は変形な建物。三角形みたい!

都立大学付近で創業し、2度の移転の後こちら三田にて営業をしています。

店の前には自販機2機。黒烏龍茶はないけど健康系茶は完備。

入り口は2ヶ所。店内は狭いので席に近い方からの入り口から入ります。

 

なお二郎三田本店の営業開始はオフィシャルでは8:30から。

しかし連日前倒しで早めのオープンをしています。

今回の来店タイミングは平日8時20分。

既にオープンしていて満席でした。(すぐ空いたけどね)

 

早朝からなら比較的空いているのでオススメです。

→早朝から二郎を食せるのはココだけです。

店内レイアウト・環境・コンセプト

券売機は左側の入り口付近にあります。

最安値ラーメンは600円。目黒店と同様の二郎最安値です。

そしてラーメンのみ。

この人形たちは総帥ご夫婦かな。可愛いです。

卓上は胡椒のみ。

カウンター席13席ほどの店内。

席間隔はそれほど広くはありません。

食欲をそそる豚・野菜がカウンター越しに見ることができます。

麺量の事前調整は結構細かく承ってくれるようです。(1/3とかも)食券提示時に申し出ましょう。

 

生みの親であり、店主である山田総帥は早朝メインで店に立っているようで、終始ニコニコ。

お話大好きでラーメン作りながら若手助手さん達とぼやきトーク。

聞いているこっちも笑ってしまう。釣られて笑いそう・・・イッヒッヒッヒ^_^

 

 

懸念していた二郎特有の殺伐感も皆無で、接客対応も助手さん中心に元気が良くてめちゃくちゃ好感触!

 

助手さん「少なめ1、大1です」

笑顔トークの30秒後、、、

総帥「半分2つだっけ?」

・・・なんてホンマかいな!と楽しい話をしているとスグ忘れちゃうチャーミングな総帥。

スポンサーリンク



ラーメン 600円

【 小ラーメン 600

着丼です。

コールはニンニク・アブラ。

初の早朝二郎で、麺少なめでオーダーしてます。

野菜量は程々で、キャベツ配合も多め。

クタっとしたモヤシ群です。

スープは早朝美乳化。

通常の野菜量であれば、かえしコールはなくても問題なく、抜群の塩分濃度で豚の旨味を感じ取れます。

 

朝だから味覚が敏感なのか、朝二郎スープうまーい!

麺は軽くデロっているけど、しすぎてはいない絶妙な加減のオーション麺。

豚は柔らかすぎず適度な食感で、濃厚なかえしに浸った神豚。

全体的な構成や美味しさを鑑みてもかなり優秀だ!

 

個人的にはラーメンの味は二郎ナンバーワン!だと感じます。

さすが本家中の本家。

食べる環境も雰囲気よく、ラーメンの美味しさを後押ししてると感じます。

 

ラーメンの構成を見ていると、早朝なのに助手さん最低2人いたし、価格は安いし、野菜は少なくないし、キャベツ配合もあるし、豚もしっかり大きいし、採算度外視で総帥はこの仕事が大好きなんだなぁ。。と感じました。

ごちそうさまでした。