2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【天龍@上野原市】オススメ辛ウマの「ドーフーメン」を喰らう

今回は山梨県上野原市の知る人ぞ知るローカルラーメンのお店【天龍】さん。

以前から2度ほど店の前を通ったこですが、入るのに勇気の居る店の佇まいに怯み、3回目でようやく入店することができたチキンの「ゆきはん」です。宜しくお願いします。

コチラのお店では旨辛なラーメンが名物と言うことで、それを目当てに訪店です!

麺じい
麺じい

店内入ってしまえば一安心やで!

簡単に天龍の店舗紹介

店名:天龍

住所:山梨県上野原市上野原1684-1

最寄駅:上野原駅より徒歩26分

電話番号:0554-62-3180

営業時間:11:30~14:00 17:00~20:00

定休日:火曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所はメイン通りから外れた分かりにくい場所

天龍
怪しく・入るのに勇気のいる佇まい【天龍】
看板
夜に店頭看板に灯が灯る

お店の場所は上野原市上野原。

上野原駅からは徒歩26分。車なら上野原インターからは5分くらいで着くかな。

お店は日大明誠高校入り口信号の南の住宅地にある。店に面する道路は広くはないので通行には要注意。

夜は周囲の明かりがほとんど無く、店舗の明かりも暗めなので不安になってしまう。

駐車可能な場所を示す【天龍プレート】…赤いのは血では無いww

駐車場の場所は店前の道路を挟んだ砂利駐車場となります。駐車位置は少々分かりづらいが、砂利駐車場向かって左側の低めのコンクリート壁に車の側面が沿う形で駐車すればOK(縦に停める形)。横に停めると車が通れなくなるためです。

駐車可能場所には「血飛沫(ちしぶき)が飛んだ事件後」みたいな【天龍プレート】が置いてあるのでその横に止めようww

麺じい
麺じい

行ってみたら意味が分かるで!

深い緑色の暖簾を潜って店内へ。引き戸をガラガラと開けて入ります。

スポンサーリンク

メニューは中華ベースの麺類・定食が揃う

メニュー表
折れ折れのメニュー表
セットメニュー
壁掲示のセットメニュー

店内に入り着席。メニューを拝見。

メニュー表には一般的な単品メニューの記載が書かれており、定食やセットメニューは壁に掲示してある。

ネットの声などを参考にすると、オススメは【ドーフーメン】【バラ肉とキャベツの味噌炒め定食】らしい。定食やご飯類セットは小ラーメンが付き、ラーメン類のセットはライスが付くと言ってたかな。

単品メニューを見てみると価格帯としてはやや高めの印象。

テーブル席
入り口近くのテーブル席
炬燵
靴を脱いで上がると炬燵もある

店内は民家がベースになっていると思うが、入り口スグが4名テーブル席、奥が靴を脱いで上がる絨毯敷かれた座敷です。普通のテーブル席もあれば冬場は炬燵まである家庭的なレイアウト。

田舎の実家に帰って来たような雰囲気です。

お店はベテランご夫婦で切り盛り。お母さんに「初めて来たんよ!」と声かけると「ありがとね〜」と温かい返答。ご夫婦共々温厚で話しやすい。そんな良い雰囲気のお店です。外観はパンチ効いてるけど中身はとってもハートフルなお店です。

スポンサーリンク

ドーフーメン

ドーフーメン
ドーフーメン

名物ドーフーメンの着丼です。

赤色に染まるスープが特徴の一杯。トッピングは厚揚げ・白菜・豚肉等。

スープ
トロトロ辛めのスープ

スープを一口啜るとなかなかのピリ辛加減。辛い物苦手な人はきっと食べれない辛さだと思うが、辛い物が比較的好きなレベルの人なら美味しく頂けるレベルの辛さだと思います。

スープは一般的な鶏ガラ主体のスープのように感じ、その上にトロトロと粘度あるピリ辛餡が乗せられている構成。

上層部の餡がスープの温度に蓋をし、なおかつ癖になる程のピリ辛スープが相まって、辛くて熱くて美味いという3段インパクトがコチラの満足度を上げます。

中細麺
中細麺にトロトロ餡が絡みまくる

麺は中細タイプの麺。

スープの構成上、麺に猛烈に熱々餡が絡みまくり、熱いんだけどハフハフ言いながら貪ってしまう麺です。

真冬にはマストな激アツ辛ウマラーメンです。熱いんだけど、ある意味爽快感のある一杯です。

厚揚げ
厚揚げが入っているぞ!
野菜と豚
野菜と豚も美味い!

餡の中には厚揚げ。ラーメンに厚揚げを入れる店なんて山梨県ではもとより、全国的に見てもそうそう無いアイデアです。

熱くて・辛くて・美味くて爽快感!食べ終えた後はしばらく呆然。。。じんわり汗をかくことでデトックス!辛いラーメン好きな方は是非食べてほしい一杯でした。ごちそうさまでした。