2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【飲食屋 華福@甲斐市】ランチ営業も居酒屋営業も愉しめる大型店

今回は甲斐市龍地は響が丘にある【飲食屋 華福】さんへ。甲斐市の人気商業施設の一角に店を構えるコチラのお店は、昼はランチ営業・夜は大衆居酒屋な雰囲気に様変わりするお店。

屋号の通り飲食店なのだが、メニュー数も多くラーメン・ご飯・一品物などかなり充実しており、おひとり様・家族連れ・仲間との集まりと様々なシチュエーションに応えられる店です。

昼間は単独利用・夜はグループでの利用が多そうな店です。

麺じい
麺じい

仲間同士の利用が一番楽しそうやな!

簡単に華福の店舗紹介

店名:飲食屋 華福

最寄駅:塩崎駅より徒歩34分

住所:山梨県甲斐市龍地3296-3

電話番号:0551-28-1291

営業時間:ランチ[火〜金]11:30〜13:30 ディナー[火〜木]18:00〜22:00 [金~土]18:00~22:30 [日]15:00~21:00

定休日:月曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は響が丘のテナントの一角

飲食屋 華福
飲食屋 華福
店頭の目立ちまくる看板
店頭の目立ちまくる看板

お店の場所は甲斐市龍地。

響が丘の人気商業施設らが集うエリアの一角に店を構えておりスグ近くには「まぐちゃんラーメン 響が丘店」もあります。

夜営業では、提灯の灯りがぼんやりと灯り、雰囲気良い店構えに見えます。

駐車場はかなり広く困ることはありません。

ホルモン焼きポスター
名物!ホルモン焼きポスター
入り口のマットを跨いで入店
入り口のマットを跨いで入店

店頭には【華福名物ホルモン焼き】【鉄板料理】のポスターなどが貼り出され、見ているだけでホルモン好きのボクはよだれが……さぁ入店だ!

スポンサーリンク

メニューの提供の幅はかなり広い!

一品料理
一品料理

店内で着席し、先ずはメニューを拝見。

ラーメン類のメニューをはじめ、ご飯類・一品物とかなり充実。

夜営業は居酒屋色がかなり強くなる一方、ランチ営業ではお得な【ミニ丼】セットもあったりでオススメ。

壁のメニュー
壁にはメニューの紙がぎっしり
雪洞
天井には夏祭りのような雪洞が
調味料
調味料

店内は高い天井に提灯が吊るされたり、雰囲気が完全に日本の夏祭りっぽく感じる。

座席数も結構多く、4名テーブル席が1つある以外は全て小上がり座敷となっていて広々していて活気がある。

なお調味料は一般的なものが揃っている。

スポンサーリンク

華コテラーメン

華コテラーメン

着丼です。

コチラは恐らく人気ナンバーワンと思われる【華コテラーメン】です。

見るからに新潟県ご当地ラーメンの「燕三条系」のように大量の背脂降りかかる一杯です。

トッピングはチャーシュー・海苔・なると・ネギ・メンマ・背脂。

コテっと背脂スープ
コテっと背脂スープ

スープは背脂がまといまくる醤油スープ。

背脂を避けて醤油スープだけ見たかったけど、どんなすくい方をしてもしっかり背脂がついてくるww。

背脂が比較的キメが細かくコテっと要素はあるもの、予想以上に「しつこさ」が残らない。

スタンダードな動物の旨味の醤油スープに、背脂効果でオイリーだけど旨味・コクが合わさってくる。ただラーメン一杯を頂いていくにあたっては、この背脂コテコテの旨み構成が後半単調には感じてきた。そういう意味では一人で食べるより皆んなでシェアして食べる方が良いかもしれないインパクトスープです。

中細麺
中細麺

麺は中細タイプの緩いウェーブ麺。

背脂の絡みが良いので、麺一本一本啜ることでしっかり背脂の旨みがまとわりつき美味しさを感じた。

丼淵に口をつけて麺を豪快に啜ることで、背脂アタックの度合いが増す。

チャーシュー
肉厚なチャーシュー
半味玉
半味玉

トッピング類は背脂の下に隠れたチャーシューがある。

結構肉厚で食べ応えのあるチャーシューです。半味玉も普通に美味しく頂きました。

メニュー数はかなり多いので、シチュエーションに沿ったあなた好みの一杯を食べることをオススメします。個人的にはご飯物・一品物も気になっています。ごちそうさまでした。