2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

移転【パパパパパイン@町田市】海老とパインの出会いは相性抜群?記憶に残る一品

パパパパパイン@町田市

今回は東京都町田市。

話題性も抜群だった西荻窪の閉店から新たに移転。

「パパパパパイン」新たに東京都町田市で昨年末から始動!

 

「ラーメン大好き小泉さん」で先日取り上げられまいたね。

放送では西荻窪でしたが、現在は町田駅近くです!お間違えなく。。

 

オープンは2017年12月28日

簡単に店舗紹介

店名:パパパパパイン@東京都町田市

最寄駅:JR町田駅

住所:東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ2階

電話番号:042-709-3987

営業時間:11:00~15:00 18:00~21:00

定休日:水曜日

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

場所は東京都町田駅近く。

町田ターミナルプラザ2階に位置します。

 

自動車で行く場合は、ターミナルプラザの立体駐車場があります。

少し行きにくいかも・・・

ボクも車で行きましたが、近くの有料パーキングに停めました。

 

あっ、こんなところにあるんだ!と言うところにある感じです。

真向かいには「ど・みそ」さんもある人気エリアですね。

店内レイアウト・環境・コンセプト

メニューはこちら。

基本的にご存知の方も多いでしょうが、パイナップルメインです。

 

おすすめは「エビ」と「パイン」の融合です。

初見の方はかなり攻めたメニュー構成だと思うはず・・・

 

まさか、エビはパイナップルと共に暮らして行くなんて思ってもみなかったでしょうね。

 

店内は西荻窪時代の個性を残したスタイル。

テーブルはタイル状。

 

店内南国の雰囲気!設備、提灯、BGM、店員さんのユニフォーム。冬でも常夏仕様でパイナポー!

パパパパパインTシャツも券売機で販売しています。少し気になっちゃった!

 

席レイアウトはオールカウンター10席ほど。

こじんまりとしています!

 

スポンサーリンク



パイナップル海老塩ラーメン 800円

【 パイナップル海老塩ラーメン 800円 

でました!

 

パイン×海老×塩です!

見た目には海老感はないですが、これが海老塩パインです。

 

トッピングは、パイン・チャーシュー・ほうれん草・全浸しの海苔・ネギ・糸唐辛子。

お馴染みの店名ロゴ記載のシャレオツ丼が印象的です。

レンゲは黄色・箸は緑とカラフルなアイテムも視覚を楽しませてくれます。

 

スープはサラリとした清湯系。

レンゲひとすくいの中で必ず入ってくる細かに刻まれたネギが印象的です。

 

スープの味は、口に入れた瞬間に、まず海老さんが来ます。

後ろの方にわずかなパイン感。それほどパイナップルは主張している感じはしません。

やや甘味を感じるスープですが、酸味は全く感じません。

結構熱々スープですね。

先ほども述べたネギ。細やかなネギで、毎度スープと一緒に食感も楽しませてくれます。

 

 

スープは逆に甘みよりも塩み加減が強めに感じて来ます。

もう少し弱くてもいいかな。。。

とは言え、酢豚×パイナップル反対派!のボクからしても、フルーティーながらもしっかりと美味しさがあり、バランスのとれたスープだと思えました。

 

麺はやや細めのストレート。

弾力も適度で、スープによく合っている麺だと思います、

 

はいっ!パインちゃん!

パイン自体は、しっかりパインの味が残っています。

 

チャーシューは特に美味い。

現代は、レアチャーシューの提供店が増えている中、しっかりと味を染み込ませた角煮状のトロトロチャーシュー。

食感・旨味いいトコとついていますわ。

 

西荻窪時代から、ラーメン自体のスタイルを変えた模様ですが、よりラーメンの美味しさを追求したような印象です。

パイン感は前面に押し出している感じではないですが、案外海老とパインと相性がいいのかも!?と思いました。

移転しても話題性に尽きないこちらのお店。

興味のある方は是非とも行ってみてはいかがでしょう?

 

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です