2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ミゾグチヤ 東十条店】ネパール食材と二郎系ラーメンのクセになる一杯

広告

今回は東京都北区東十条に2023年12月10日にオープンした【ミゾグチヤ 東十条店】さんへ。

コチラのお店は愛知県名古屋市にある【三代目 溝口屋 本店】【ミゾグチヤ 猪子石店】が東京初進出したお店となります。

名刺
ミゾグチヤ 東十条店の名刺

元々は二郎系インスパイアのお店として名古屋で人気を博していましたが、東京初進出で二郎系ラーメンは勿論、なんと「ネパール」のエッセンスを組み込んだ二郎系ラーメンが食べれらると言う、恐らく日本で唯一無二のラーメンがあるのです。

東京二郎系ラーメンの中でも一際異彩を放つお店になりそうな予感です。

麺じい
麺じい

二郎系×ネパール料理やと!?どんなんやろ?

簡単にミゾグチヤの紹介

店名:ミゾグチヤ 東十条店

住所:東京都北区東十条4-1-3

最寄駅:東十条駅北口より徒歩1分

電話番号:070-5333-5558

営業時間:11:30〜 18:00〜

定休日:不明

SNS:Instagram

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は東十条駅北口より徒歩1分

ミゾグチヤ 東十条店

お店の場所は東京都北区東十条。

最寄駅は東十条駅の北口から徒歩1分と駅からかなりの至近距離。駅前にある人気店【麺屋 天来】から10m程の距離感。

駅からエスカレーターで降りながら、既にお店が見えるほどの近さです。

独特な看板
ミゾグチヤの独特な看板

店の看板は赤白配色で分かりやすい。

ラーメンとは書かず、商品名にもある「ふと麺」の表記で看板に記載。

目立つ幟
黄色と黒の目立つ幟

暖簾は黒黄色の目立つ配色で「自家製麺」「すぱいす」「ネパルメン」と表記。これまであった二郎系の店作りのイメージとは異なります。

食券購入タイミングですが、店内満席時は、食券先買いで最後尾に接続の流れでOK。券売機は店内に入りスグにあります。

メニューは二郎系とスパイシー二郎系

券売機
券売機 イチオシはネパル麺

券売機は大型でメニュー名もハッキリ書いてあるので読みやすい。冒頭でも伝えた通り二郎系ラーメン店となっており、「ふと麺」がスタンダードな二郎系ラーメン、「ネパル麺」とはネパールの素材を野菜や麺に混ぜ込み作り上げた独自のスパイシー二郎系ラーメンです。

お店のオススメは勿論「ネパル麺」。

麺の量の目安
麺の量の目安

麺量は小120g・中240g・大360gで小は文字通り少なめ。一般的なラーメン屋よりも気持ち少ない位の麺量で、女性や少食の方も安心。

ネパル麺とは。。。

二郎系でお馴染みのコールは、ニンニク・ヤサイ・アブラの好みを伝えるが、ネパル麺の場合は「ニンニクとマサラ入れますか?」…と人生で初めて聞くフレーズ。両方普通で願いします!と伝えました。

因みにコールは提供直前ではなく食券提示時に聞かれました。

カウンター席
店内は奥行きあるカウンター席のみ

店内は奥行きがありカウンターのみ9席のレイアウト。店主さんと赤子おんぶで頑張る奥様、あとネパール系の方でしょうか?3オペで雰囲気良く接客しています。

調味料類
調味料類

調味料はかえし・ホワイトペッパー・大辛唐辛子となっており、味変・味調整も出来ます。

お客さんの層はほぼ日本のお客さんだが、付近在住の外国人さんも見えたりしてました。日本では馴染み深い二郎系をグローバルに広めれる可能性を秘めた良いお店だと思います。

ネパル麺

ネパル麺
ネパル麺 中
サイドアングル
サイドアングル

着丼です。

店のイチオシ「ネパル麺」です。

一般的な二郎系ラーメンの見た目ですが、ヤサイの雰囲気が少々違う。

ヤサイ量
ヤサイ量はコレで普通となります

特にヤサイマシはせずにスタンダードなラーメンの容量でオーダーしました。

麺量は中の240gでニンニク・マサラIN。

ヤサイとアチャールのコンビ
ヤサイとアチャールのコンビ

てっぺんのヤサイには、ネパール産の漬物「アチャール」が和えられており、シャキシャキのもやしに酸味ある漬物のコリコリが食感としてプラスされます。

独特な酸味だけど、いつものヤサイに慣れていると面白い変化でコレはコレで美味しい!

スープ
スープは少しスパイシーな二郎系

スープは幾分か乳化したスパイシー二郎系スープ。

良くも悪くも汎用性感じる慣れ親しんだ二郎系スープの印象で、やや軽さは感じる物の豚の旨みはしっかりとして美味しい口当たり。そこにプラスアルファのスパイスの風味。絶対的に辛いの苦手な人には推奨はしないですが、然程辛くはないのでピリ辛好きな人にはハマりそうです。

ヤサイはアチャール由来の酸味とコリコリ食感。スープはスタンダードな二郎スープにスパイスの風味。組み合わせて頂くと、二郎系なんだけど異国情緒あふれる美味さで感激美味!

ワシワシ・ゴワゴワの太麺
ワシワシ・ゴワゴワの太麺

麺は従来のラーメン(ふと麺)とは違って、太くはあるが蕎麦のような黒がかった色合い。

麺には国産小麦と、ネパール産のコドと言う穀物を配合した自家製麺で太くてゴワゴワでワッシワシ。なかなか強靭で軸のしっかりした麺です。箸で麺を捌いていても、汁跳ね遠慮なくしまくる暴れん坊麺です。

豚
豚はそれほどデカくはない
マサラ入れますか?
マサラ入れますか?

豚は比較的スタンダード。大きさ・味染みは抑えめで、強力な旨み蓄積な神豚とは違って、やや硬めで淡白っぽさも感じる。

やっぱりこのラーメンの見せ場は、スパイシー豚スープとアチャール&ヤサイかと実感しました。新しい二郎系で美味しかったです。ごちそうさまでした。

【ミゾグチヤ 東十条店】の特徴のまとめを以下に記載します。

  • 名古屋の人気二郎系ラーメン店が東京初出店
  • スタンダードな二郎系とスパイシーなネパル麺がある
  • お店のオススメはネパル麺
  • ネパル麺は酸味と絡みが融合しクセになる美味さ