2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【中華そば イッキュー @甲府市】主役は背脂のセルフサービスラーメン店

広告

今回は甲府市丸の内に2023年12月1日にオープンした【中華そば イッキュー】さんへ。

コチラのお店は直前まで営業していた【そだし】さんの業態変更として、新たなラーメンコンセプトのもとスタート。

新たなラーメンコンセプトは、「背脂ラーメン」となっており、基本的には店内レイアウトも変えず、入りやすい店作りがなされています。

営業時間は昼夜の通し営業で(今後変わるかも)、ラーメンの提供システムはセルフサービスで運営と言うことで、終始肩の力を抜いてラーメンを楽しむことができる店となっています。

麺じい
麺じい

一人でも仲間同士でも入りやすいで!

簡単に中華そば イッキューの紹介

店名:中華そば イッキュー

住所:山梨県甲府市丸の内2-16-7 丸銀ビル1F

最寄駅:甲府駅南口から徒歩4分

電話番号:055-244-7339

営業時間:〔月曜~木曜〕11:00~22:30LO 〔金曜・土曜・終日前日〕11:00~23:00LO (L.O.20:30)11:00~20:30LO

定休日:不定休

SNS:Instagram

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は甲府駅南口より徒歩4分

中華そば イッキュー
中華そば イッキュー 19と書かれた丼が可愛い

お店の場所は甲府市丸の内。甲府駅南口からは徒歩4分で到着。

以前までは【そだし】があり、その跡地にそのまま店を構えています。

駐車場はありません。自動車の方は付近の有料パーキングに停めましょう。平日の夕方以降や土日祝日であれば、甲府市役所駐車場が1時間無料で駐車できます。

店頭メニュー看板
店頭メニュー看板

店頭には置き型看板があり、メニューが一通り掲示されています。

ラインナップは「背脂」が主役となっていて、醤油・味噌・塩・辛いのがあります。ご飯類・セットもあり、ラーメンだけでは足りない人の胃袋を満たしてくれる内容となっています。

店内広々快適のセルフサービススタイル

タッチパネル式券売機でメニュー選択
タッチパネル式券売機でメニュー選択
トッピングも色々選択できる
トッピングも色々選択できる

店内に入り、そだし時代同様の場所に同様のタッチパネル式券売機があります。

個人的な感覚ではタッチパネルの操作性・メニューの鮮明さ等問題なかったが、色んなメニューと比較するなら表のポスターで予めメニューを決めてから店内の券売機で選択するのがオススメです。

店内はセルフサービス
店内はセルフサービスルール

お店のシステムをここで紹介。

基本的に中華そば イッキューさんは「完全セルフサービス」システムを採用しています。食券購入したら明細に書いてある番号が呼ばれるまで席に座って待っていてOKです。(食券購入した時点でオーダーが通ってます)

言わばフードコート同等のシステムです。

お渡し口
番号が呼ばれたらお渡し口で受け取る

ちなみに水は券売機横にサーバーがあります。

ラーメンが出来上がったら番号が呼ばれ、店内中央の「お渡し口」から商品を受け取ります。

調味料類
調味料類も受け取り口横にある

「お渡し口」の隣には、箸・レンゲ・各種調味料類(胡椒・ニンニク・生姜など)や小皿が置いてあり、使う人はコチラで使用して着席します。

返却口は店の奥
返却口は店の奥に

食後はテーブルを拭いて、食器を店奥の「返却口」に置いて退店の流れです。

セルフサービスなので、商品の受け渡し以外は店員さんとの接触はほぼありません。

カウンター席
カウンター席
テーブル席
テーブル席

店内はカウンター席とテーブル席の構成。

店内はかなり広々で、相当な混雑がない限りは座席は埋まらなそうです。

店員さん達は主に厨房で調理。明るく元気よく、応対店での印象は良かったです。

「学得」
学生はお得な「学得」

お店では学生応援と称して、麺の大盛りor塩味玉が無料となる「学得」をやっています。

学生さんは学生証を持っていきましょう。

 背脂醤油ワンタン麺

背脂醤油ワンタン麺
背脂醤油ワンタン麺
サイドアングル
サイドアングル

着丼です。

トッピングはチャーシュー・刻み玉葱・メンマ・ワンタン・ネギ。

甘塩っぱい醤油スープ
甘塩っぱい醤油スープ

スープは色濃い背脂纏う醤油。

背脂の効果もあるが、そもそものデフォの時点でスープは甘さが際立ち、醤油の塩分が後を追う。

恐らく鶏豚が双方入る構成で、甘み強めの甘塩っぱさで、ラーメンスープとしては分かりやすい口当たり。

村上旭製麺との共同開発麺
今回も村上旭製麺との共同開発麺か?

麺はこれまでの店舗同様に村上朝日製麺所の共同開発麺かは未確認。ただ麺をよく見ると不揃い感があり、手打ち感を僅かながら感じた。

そんな麺は中細の平打ちタイプで、ムッチリ美味しく麺単体での存在感が際立っていた。結構ニンニクが相性良かったです。

メンマとチャーシュー
メンマとチャーシュー

メンマはコリコリとした細切り仕様。

チャーシューはレア仕様の薄切り。共に優しい美味しさで満足。

塩味玉
塩味玉
生姜香るワンタン
生姜香るワンタン

塩味玉の茹で加減は硬めで絶妙。

ワンタンは、個人的に手作り感は感じなく汎用性のあるようなワンタンに見受けられた。餡からは僅かながらに生姜の香りが漂った。

美味しく頂きました。きっと皆さん【そだし】との比較をされると思いますが、僅差で今回の新しい店の方が好みとしては上だった。今後も頑張って下さい。ごちそうさまでした。