2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ラーメン専門店 あまみ@笛吹市】石和温泉街の古びたラーメン店

今回は笛吹市石和町の「ラーメン専門店 あまみ」さんへ。

屋号にある「あまみ」は、鹿児島県の奄美大島出身の店主であるお母さんの奄美から取ったもの。

此処石和温泉の地で約40年もの間、ラーメンやお酒などを提供してきたようです。

看板
黄色看板

SNSでこの店来たことある?って聞いたところ数名いらっしゃいましたが、殆どが酔っ払いながら食べたラーメンだからあまり覚えてないな。とのこと。

温泉街だし、立地的にそうだよねww

外観的に入るのに勇気ある店だったけど満を辞して訪店してきました。

麺じい
麺じい

温かくて記憶に残る店やったで!

簡単にあまみの店舗紹介

店名:ラーメン専門店 あまみ

住所:山梨県笛吹市石和町川中島505-3

最寄駅:石和温泉駅から徒歩17分

電話番号:055-263-5160

営業時間:19:00位〜23:00位

定休日:月曜・火曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は石和温泉街西側の通り沿いにある

あまみ
ラーメン専門店 あまみ

店の場所は笛吹市石和町川中島。

石和温泉街の湯けむり通り沿いの西側。

白い暖簾と黄色い看板が目印。こちら↑側から入退店の扉となります。

湯けむり通り沿い
湯けむり通り沿いにも暖簾がかかる

こちら↑は湯煙通り沿いからの写真。

こちら側にも暖簾がついているが、入り口はこちら側ではありません。

縦看板
風情感じる縦看板

店の上と通り沿いには眩しい黄色い看板が付いていて、特に通り沿いからは目立って見えます。

さぁ勇気を振り絞り入店です。

スポンサーリンク

店内はバッチリ昭和感

ラーメンメニュー
ラーメンメニュー
おつまみ・ドリンク
おつまみ・ドリンク

入店し座席に着席するとメニュー表はなく、全て壁に貼られている紙を見ながら決定。

ラーメン専門店なので勿論スタンダードなラーメンが安価で並ぶ。またアルコール&おつまみも用意されている。

麺じい
麺じい

チャーシューは「チャシュ」と呼ぶんやっ!

小上がり
小上がり席でゆっくりすることも可能

店内の座席はパイプ椅子のテーブル席×3と、小上がり席×2のレイアウト。

昭和感丸出しの独特の雰囲気・エアコンとかめっちゃ昔のやつ!そんな中、ラーメンの着丼を待ちます。

調味料
調味料

調味料も至ってスタンダード。

なお、店主さんは奄美大島出身のお母さん。

この地で40年ほどラーメン店をやっているが、話していると部分部分で山梨ではあまり聞かない可愛らしい訛りが受けて取れます。

この店に来る方の大概は酔っ払っていて覚えてないことが多いみたいだけど、このお母さんとっても人柄良くめちゃ優しい。

スポンサーリンク

塩バターラーメン

塩バターラーメン
塩バターラーメン

着丼です。

塩バターラーメンはトッピングにバター・コーン・もやし・ネギとシンプルに。

チャーシューは入りません。

スープ
スープはうっすら透明感の塩仕様

うっすら透明感のあるスープは、想定通りスッキリしていてバターの淡いコクもプラス。

安心感ある味わいだけど、昔を思い出すような何処かで食べたことあるような味がする不思議。

特に強い特徴が無いかもだけど、コレが昔懐かしでもあり、〆にいいラーメンなんだろう。

麺
中細の緩ウェーブ麺

麺は中細の緩いウェーブの入ったタイプ。

少しずつバターを溶かしながら、そのスープを麺に絡ませながら頂く。

アツアツあっさりスープに毛穴が開きまくりながらハフハフ食べれます。

トッピングのコーンが名脇役というか…結構奮発した感じで入っています。食べ応えあるコーンだったなぁ。

美味しく頂きました。

お母さんの人柄も良い後味として残り、気分良く退店。帰り際に「気をつけてね。」とお母さん。

心の中で叫びながら帰宅の途につきました。

「おかぁ〜さぁ〜ん!」