2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【山亭@甲府市】甲府駅前の元祖豚骨「久留米ラーメン」

今回は甲府駅南口にある「山亭」さん。

こちらは豚骨ラーメン発祥と言われる久留米ラーメンのお店となります

 

山亭は甲斐市のドラゴンパーク入り口交差点付近にも店を構えており、甲府では隣に店を構える匠庵さんの運営も担っています。

久留米のご当地の技法を使用し豚骨ラーメントップクラスの濃厚で香りの強いラーメンを作る店として根付いています。

濃度半端ない豚骨が好きな人に好まれる店かもしれません。

 

お店は2021年7月に向かいの通りから移転しており、同運営の「匠庵」と隣同士で店を構えています。

麺じい

豚骨の香りぷんぷんなお店やで

 

 

簡単に山亭の店舗紹介

 

店名:元祖とんこつ久留米ラーメン 山亭 

最寄駅:甲府駅より徒歩3分

住所:山梨県甲府市丸の内1-8-15

電話番号:055-267-5910

営業時間:11:30~14:00 17:30~23:00

定休日:日曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は甲府駅から徒歩圏内

山亭

山亭は甲府駅前通りにある

山亭の夜

夜の山亭

場所は甲府駅南口から徒歩3分。

駐車場は無く、店は大きな看板に「元祖とんこつ」の文字でよく目立つ。

以前あった店舗とは逆の通りに移転しています。

ランチセット

移転前のランチメニュー

新メニュー

新メニューの魚介とんこつ

上記写真は移転前のものだが、同じようにちょっぴりお得なランチセットメニューもやっている。

店の前からは以前より店内の様子が見えるので、初見さんでも安心して入店できます。

 

スポンサーリンク

メニューは久留米ラーメンベース

券売機

券売機は店に入ってすぐ左

券売機上段は主力メニュー

券売機上段は主力メニュー 

券売機下段

券売機下段はセット・ご飯ものなど

入店して左側に券売機があるので食券を購入して席に着きます。

メニューラインナップは「久留米ラーメン」「黒とんこつ(マー油)」「赤とんこつ(辛いの?)」「つけ麺」と新メニューの「魚介とんこつ」。アルコールも摂取したい方のためにおつまみ系も充実。

麺じい

魚介とんこつ・つけ麺は「ラメ」が付いとるなぁw
麺のかたさ

麺のかたさの目安

麺のかたさも勿論選択可能。食券提示時に伺いがあるので答えましょう。一番人気はバリカタ。

また替え玉も座席から現金100円で注文可能。お腹の溜まり具合と相談しながら注文ができます。

卓上調味料

卓上調味料

卓上調味料は豚骨ラーメン店らしく、からし高菜・紅生姜・胡椒・胡麻・おろしニンニクと欲しいものが揃っています。

座席感覚も狭いことはなく比較的快適。ただ椅子は低めのためテーブルが高く感じ、お子様になった気分。

店内雰囲気

店内雰囲気は清潔感あり!

濃厚な豚骨を扱う店内ではあるものの、移転して間もないこともあり清潔感あって居心地良し。

座席は全てカウンターでコの字状。

厨房は奥にあり、客席からは何やってるか全くわからなくなってしもた…

 

久留米ラーメン 味玉付

久留米ラーメン 味玉付

久留米ラーメン 味玉付 750円

着丼です。

トッピングはチャーシュー・ワケギ・海苔・味玉。

濃厚ド豚骨スープ

濃厚ド豚骨スープ

スープは久留米ラーメン特有の濃厚ド豚骨。

最初はまろやか滑らかな口あたりから始まり、中間でかなり強い豚骨の風味が広がる。

これは一種の骨々しい豚の臭みにもなるのですが、この香りが「あぁ久留米だぁ〜」と歓喜する人と「あぁ香りすげぇなぁ〜」と驚く人に二極化しそうな印象。

 

久留米の老舗特有の製法を用いて作っているならば、羽釜で呼び戻しのスープを常日頃炊いていると思うのですが、山亭さんはどうでしょう?この辺は確認忘れていました。。

 

山梨県では豚骨ラーメンで馴染み深いお店はいずれも長浜ラーメン。

個人的にも久留米の経験が無いため、この味わいには相当ビックリ!知らない世界はまだあると改めて痛感。

バリカタ麺

バリカタ麺

麺はしっかり細麺バリカタ仕様。

麺の味わいグッド。

チャーシュー

チャーシューは柔らかい

味玉

味玉美味しい

生姜と高菜

生姜と高菜はマスト

チャーシューは柔らかく、味玉はややとろみのある黄身で美味!

紅生姜や高菜はお好みで投入。

勿論これらのトッピングに合うラーメンの構成ですので、好きな人はじゃんじゃん入れて楽しみましょう。

魚介とんこつラーメン

魚介とんこつラーメン

魚介とんこつラーメン 800円

着丼です。

コチラは新商品の「魚介とんこつラーメン」で、トッピングにチャーシュー・ワケギ・海苔・魚粉。

スープ

スープは濃厚な豚を感じる

スープは魚介豚骨とのことで魚粉が乗っているが、魚介のエッセンスはほとんど感じず。

お馴染みの「くっさぁ〜」な旨味があるが、豚の香りが強すぎて魚介とのバランスは宜しくなく【豚9:魚介1】といった感じ。

豚の力強さをメインに味わいたい方にはオススメかも。

動物と魚介のバランスを求めたいならば、六角堂の魚介豚骨の方が50/50と整っている印象。

麺

麺はもちろん細麺!

麺は久留米ラーメンだけに細麺。

麺量は普通で適度なかたさ。至ってオーソドックスで慣れ親しんだような細麺。

チャーシュー

チャーシューは柔らかで美味い

チャーシューは薄切りで量は少ないが、臭みなく柔らかで美味い。

このチャーシュー盛った肉丼?チャーシュー丼?ならかなり食欲湧きそう!

スープはあんなに個性出しまくりなのに、チャーシューはめっちゃ素直な優等生って感じ。

ごちそうさまでした。