筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【MENSHO@東京都文京区】こだわりまくり!洗練された100%魚介の創作らーめん

MENSHO@東京都文京区

今回は東京都文京区音羽。

2016年にオープンしたニュースタイルラーメン店。

名前は【MENSHO】。メンショーさんです。

 

新宿【麺や庄の】を中心に複数店舗を運営する株式会社麺庄が手がけるお店。

こだわり抜いた国産食材のみを使い、自家製粉麺を店舗で作り提供していく・・・

めちゃめちゃこだわり抜いている感じがするお店。

ラーメン自体も無化調です。

どんなラーメンか楽しみですね!

簡単に店舗紹介

店名:MENSHO@東京都文京区

住所:東京都文京区音羽1-17-16 中銀音羽マンシオン1F

電話番号:03-6902-2878

営業時間:11:00〜15:00 17:00〜21:00

定休日:月曜・火曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

 

最寄駅は東京メトロ有楽町線、護国寺駅。

6番出口から外に出たら右側に歩きます。講談社を過ぎて1〜2分ほどでお店に到着です。

コンクリートに表記された店名だけだと少々分かりにくいですが、小さな黒看板が目を引き、遠くからでもお店の位置を確認できました。

店舗への入り口は暖簾の掛かっているところです。

お間違いなく。

店内レイアウト・環境・コンセプト

 

店内は、まさにおしゃれなレストラン。

オールカウンターで照明もデザイン性溢れるもの。

照明照度や空間の色合いなど、快適に過ごせるよう計算し尽くされたもののようです。

 

席数は10席。

黒い清潔感あるテーブルに、ナプキンや箸がすでに置いてあり、客人をおもてなしする準備が万全に整っています。

テーブル席のみの店内ですが狭さ・窮屈感は全く感じません。

 

製麺専用部屋や厨房は2スペースあり、トータルの広さで見たら結構広い店内です。

席について程なく、ラーメンの紹介文ととても大きい蓮華?じゃないですね・・・スプーンが置かれます。

紹介文は質の高い素材を使っている自信が窺えます。

それにしてもコップのサイズ感・・・・・(笑)

 

潮らーめん 1000円

【 潮らーめん 1000円 

メインメニューとなる潮らーめん。

一番安価でこの価格。なかなか強気の設定ですがビジュアルを見れば納得ですね。

 

着丼と同時に店員さんから初めての方にラーメンの食し方の説明があります。

ラーメンを食べるのに、ここまでおもてなしをされることはありませんのでビックリです。

 

丼自体はかなり大きなサイズで形状もアシンメトリー。

丼の中には傾斜というか、段が付けられており、そこにあるのは「カラスミ」。

カラスミの中にある黒い物体。これは、炭化したネギを粉状にして纏わせた魚介。ホタテでしょうか。

表面は黒いですが、奥を覗くと綺麗な白色が見えます。

麺を食す際には、このカラスミをつけて食べるのもよしです。

 

 

続いて麺の上に乗るトッピングは、チャーシューに見えるのは鶏肉のタタキ。大山鶏と言います。

ワンタンは鮪と浅葱の2種。皮がめちゃうま。

メンマの代わりには、ダシ付けした若芽。これが全体の食材の食感と真逆で新鮮味があります。

 

具材だけで、紹介に時間がかかりましたが、いよいよスープを頂きます。

透明感あるスープは、鯛やホタテなどの魚介スープで。動物系エッセンスはゼロ。

非常にさっぱりあっさりしていて、雑味等はありません。

温度もアツアツで、満足度を引き上げます。

パンチの効いた個性はないですが、洗練されていて、非常に美味しいスープです。

 

麺は、店内の石臼で挽いた自家製麺。

小麦の香りが芳醇に漂う細麺です。

あっさりしたスープには細麺ですね!

 

終盤はこの細麺にやや飽きがくる感じが。

最初から最後まで一貫して「最高!」というにはあと僅か!という印象。

とはいえ、このスープに関しては最高です。

最後まで完飲しました。丼の形の影響で少々完飲しにくいが・・・

 

ビジュアル的には量が少なさそうにも見えますが、しっかりとお腹もたまります。

ジャパニーズラーメンというより、フレンチの要素も結構入った創作ラーメンという感じですね。

 

もうひとつ気になるメニュー【挽きたて小麦つけめん】というコーヒーのようなネーミングのつけ麺も気になります。

また立ち寄って見たい!そんな素晴らしいお店でした。

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。