筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ラーメン二郎 神田神保町店】全てのバランスが秀逸!ガッつける二郎!

ラーメン二郎 神田神保町店@神保町駅

今回は、ラーメン二郎 神田神保町店へ。

2017年12月に移転オープンし、相変わらずの盛況ぶりを見せる同店。

東の神保町とも言われ、お馴染みの名店は以前からどんな味だろう・・・と興味津々。

 

営業時間も夜営業はないお店ですが、無事行くことが出来ました。

食べログラーメン百名店にも選ばれた信頼のおける店です。

麺じい

時間により結構並ぶでぇ!

簡単に店舗紹介

 

店名:ラーメン二郎 神田神保町駅

最寄駅:神保町駅から徒歩6分

住所:東京都千代田区神田神保町1-21-4

電話番号:不明

営業時間:11:00~17:30

定休日:日曜・祝日

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など 

場所は神保町駅から徒歩6分ほど。

神保町花月の真横に位置します。

芸人さんもよく来るかな?

営業時間は11:00から17:30まで。

営業時間終了時間ピッタリくらいに並び受付終了になります。

並び方もやや特殊で、初見の人は戸惑うかと思います。

上記がラーメン二郎神保町店の並び方です。

並び方を知っている方はいいのですが、よく知らない方が①の列に接続してしまうケースなどもありますが、この辺は助手さんが①が最大6名列というのを把握しているので、発見次第助手さんが最後尾に促してくれます。

上記は基本的な並び方で、稀に助手さんが誘導し並び方を変える可能性があります。

店内への入店は、席が空いたら着席していくシステムではないようです。

1ロット6名で、その6名の食事が終わって席が空いたら、次の6名をまとめて入店させていくスタイル。

それ故、一人の食べるスピードが遅いと後客(外待ち客)が着席できないので、食べる時はそんなプレッシャーも感じながら・・・

 

先頭の並び列にいると、麺量聞かれることがあります。

この際に、麺半分や少なめを伝えることが出来ます。

店内レイアウト・環境・コンセプト

券売機の食券購入は、店内に入る時に購入していくスタイル。

独自トッピングは千切生姜(塩蔵)100円です。

味に締まりを齎せてくれるのでオススメ!

卓上には目の荒い唐辛子らもあります。

店内の雰囲気は殺伐感はなし。

気の優しそうな店主さん、ハキハキしっかりとした助手さんの組み合わせ。

すき焼き二郎体制も万全!

ラーメン 750円

【 ラーメン 750円 

着丼です。

コールはニンニク・アブラ・カラメ。

神保町はデフォルトの量がやや多め。

野菜もコールなしでこの通り。キャベツの配合もやや多めか。

 

隣の人は全マシマシで全客の注目を浴びていて、その量もすごかった。。

スープは乳化され、ややクリーミーっぽい色合い。

オイリーさは抑えてあり、その中で豚の旨味が広がる美味しいスープ。

ニンニクとの相性も良く、二郎の中でも安定感の強い味わい。

 

麺は太麺で食べやすくスープの絡みも良い。

いい意味でゴワついていない麺で、バクバクいけちゃう!

すき焼き二郎へ・・・唐辛子も添えて・・・そら美味いわ!

豚は脂身の少ないもの。

やや淡白っぽい感じはするけど、しっかりスープに使った豚は美味しく、いつまでも噛んでいたい。。

トータル的にも良いバランスで美味しく、ロット最後尾だったけど最速で食して退店。

 

ごちそうさまでした!