2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ラーメン 池田屋@高田馬場】京都発祥の二郎系インスパイア東京初進出

今回は東京都新宿区下落合に2023年1月7日にオープンした【ラーメン 池田屋】さん。

元々は京都府の一乗寺でスタートした池田屋が、大阪府の吹田、福井県福井市にそれぞれ店舗を構え、4店舗目は東京都初進出となります。

特に一乗寺はファンもかなり多く、ラーメンは勿論大人気の汁なしも絶大な人気を誇っているとても有名な店舗とのこと。

2023年1月7日オープン!
2023年1月7日オープン!

故に、学生の非常に多いエリアの高田馬場で人気二郎系出店は涙出るほど喜ぶ若者も多そうです。

オープン時のチラシには「旨味の暴力」となんとも食欲そそらせる文言が印象的です。

営業時間はグランドオープン3日間が終わり昼夜営業になりました。今後も営業時間の変更もあるかもしれません。

なお、上記の通り関西から東京初出店にあたり、店主さんは水の違いか旨味の表現の仕方に試行錯誤してる模様。

同じようにやっても同じ味にならない不思議があるものなんですね。

共に軟水だが、東京の水は京都の水より硬度が高い特徴があり、それが一つの壁になっているかもしれませんね。

麺じい
麺じい

美味そうやし、近隣学生めっちゃ来そうやな!

簡単に池田屋の紹介

店名:ラーメン 池田屋

住所: 東京都新宿区下落合1-3-13 工藤ビル1F

最寄駅:高田馬場駅より徒歩4分

電話番号:不明

営業時間:11:00~15:00 17:00〜19:00位(変化ありtwitter確認推奨)

定休日:不明

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は高田馬場駅から徒歩4分

ラーメン池田屋
ラーメン池田屋

お店の場所は東京都新宿区下落合。

最寄駅は高田馬場駅で徒歩4分ほどの新目白通り沿い。

真っ黄色な看板が目印!いかにも二郎系を扱っているのが分かる店構え。

お店の裏にも看板
お店の裏にも看板

店までのアクセスの最速ルートは、JR高田馬場駅の早稲田口を降りて、道路を渡り「さかえ通り」を歩いて目指すルート。最後は踏切を渡りますが店の裏にも看板がついているので分かりやすい。

トレーニングジム
お店のビルの2階はトレーニングジム

なんとお店の2階はトレーニングジム。

食べる側としてはなんら問題ないが、濃密な豚の香りが上に行くとするならば、トレーニングしている彼らに逃げ場はあるのか?ジムの生徒みんな禁断症状出るんじゃないの?…なんて呑気な事考えてしまいます。

ここでトレーニングして池田屋気にせず帰るようなら聖人です。

麺じい
麺じい

旨みだけやなくて、香りの暴力やなコレはww

夢を語れからも祝いの花
夢を語れ福井からも祝いの花
他にも祝いの花
他にも祝いの花

び方の解説をします。外待ちは店前に5名、以降はガードレールに沿って真っ直ぐ西側に伸びていく形になります。店前で並ぶ5名(先頭集団)は食券先買いになります。そして案内体制が整えば、店員さんの誘導のもと5名ずつ店内へ入る仕組みとなっていました。

オープン時まだ店内全席開放していなかったので、営業が落ち着いたら入店のさせかた等を変化させてくるかもしれません。

また、ガードレール側から店前(先頭集団)への移動も、店員さんの誘導で動く感じなので、並んでいる方は基本的には店員さんの声掛けを待つ感じで大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

メニューはラーメン・汁なし・つけ麺

券売機
グランドオープン時の券売機

券売機でメニューチェック。グランドオープンから3日間はラーメンのみの提供。そのため券売機の選択可能ボタンはラーメンのみでした。汁なし・つけ麺それ以降に提供になるのなかな。

麺量は並で300g、中で400g、大で500g。食券を提示する際に麺量少なめの調整できます。

ウォーターサーバー
水・箸・レンゲは右側の入り口付近に

箸やレンゲ・水は店舗右側に用意があります。右側の扉開けてスグ辺りに置いてあります。

卓上
スッキリした卓上

店内・卓上を見渡しても掲示物などの情報は無くとてもスッキリしている店内。

調味料はホワイトペッパー・一味唐辛子。

店主さんはパッと見、強面に見えないこともないですが、笑った時の笑顔がめちゃ素敵&麺の完食が難しそうなお客さんには「無理なさらないで下さいね」と声かけれる優しい方。

5名同時入店&1ロット5名の営業体制を鑑みれば、余り粘られるのもロットの乱れにも繋がりますしね。

スポンサーリンク

ラーメン 並

ラーメン
ラーメン 並 にんにく・アブラコール
サイドアングル
サイドアングル

予め唐辛子が掛かった状態で着丼です。

トッピングは、チャーシュー・野菜と二郎系スタンス。盛りは250g指定でにんにく・アブラコール。野菜量は標準なので参考にして下さい。

野菜の盛りよりも岩石の様なゴロゴロ豚が気になっちゃう。豚に関してはスゴイボリューム。

乳化スープ
完全ド乳化スープ

スープはぬるめの完全ド乳化スープ。

塩分濃度は穏やかで見た目通りクリーミーな口あたり。旨味の暴力加減はまだコレからに期待なのかなと言う感じだが、十分美味い!

デフォルトだとインパクト・パンチの部分で穏やかなので、人によってはカラメコール・にんにくは必須かもしれない。

店主さんも現段階は完成系では無いことは発信されてましたが、確かに豚の旨味の表現の観点からしたら、まだひと伸びしそうと感じました。

麺じい
麺じい

潜在能力高すぎやろ!

ニュルリン麺
ニュルリンと柔らかめの麺

麺は太めのニュルっと仕様。柔らかくコシを楽しむ様な麺では無いが、食べやすさやスープとの一体感に重きを置いた様な麺で美味しい。

ワシワシ麺を豪快に啜りたい方の好みには敵わない形状の麺だが、ニュルニュル・テロテロ麺好きな人にはヒットする麺だと思います。

岩石状3個の鬼チャーシュー
岩石状3個の鬼豚

上述した通り豚は岩石の様なゴロゴロ豚が3つ乗ります。個人的には2個で十分なのに3つとは。二郎系ラーメン扱うラーメン店では、やや価格が高いですがこの豚の量に納得。

豚にはやや濃い目の味が染み付いているので、しっかりスープに浸して麺と共にバクバク食らうことでショッパ旨さのバランスが保たれます。

この豚の満足度は非常に高い!クセになる!

関西から東京初進出!今後も絶大な期待が持てる池田屋さん。めちゃ注目です。ごちそうさまでした。