2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【鬼そば 藤谷@浅草・田原町】芸人『HEY!たくちゃん』のこだわりのラーメン

広告

今回は東京都台東区浅草に2023年12月5日にオープンした【鬼そば 藤谷】さんへ。

コチラのお店は元々渋谷にあった【鬼そば 藤谷】がビルの火災により店舗消失。そこから浅草へ復活移転を果たしました。

運営するのはアゴマネ芸人として一世風靡した「HEY !たくちゃん」。芸人のみより完全に本格化されたラーメン店主の道。渋谷時代からその一杯には豪華で大変人気があったのを覚えています。

新たなる新天地となる浅草エリアでも、その美味い一杯で多くの人の舌を唸らせてほしいですね。

麺じい
麺じい

名観光地やからインバウンド需要も見込めるな

簡単に鬼そば 藤谷の紹介

店名:鬼そば 藤谷

住所: 東京都台東区浅草1-10-2 YNビル 2F

最寄駅:浅草TX駅・田原町駅より徒歩3分圏内

電話番号:03-5830-7069

営業時間:11:00〜16:00

定休日:月曜・木曜

SNS:X(旧Twitter)

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は浅草TX駅・田原町駅から徒歩3分

鬼そば藤谷
新生 鬼そば藤谷

お店の場所は東京都台東区浅草。

最寄駅は浅草TX駅店内は田原町駅より徒歩3分。

お店の入り口は建物の階段を上がるとあります。

HEY!たくちゃん
HEY!たくちゃん

店の入り地口付近にはHEY!たくちゃんの顔写真入りで屋号も掲げられていますが、日本人のみターゲットなのか「RAMEN」や「NOODLE」と言った英語表記はありません。

インバウンド需要の強さに乗っかれば良いのにとは思ってしまう。付近は外国人観光客だらけだから少し勿体無い気もする。

階段登って店内へ

祝いの花が置いてある階段を登って店内へ入ります。

鬼そば藤谷は1階じゃ無い場所に店を構えるのがお好きですね。

浅草でのメインメニューは鬼塩

メニュー表
メニュー表

店内に入り着席。

券売機は無く、メニュー表を見て口頭オーダーの後会計となります。メニュー表にはイメージ出来る写真はありません。

ラインナップはコチラの移転先でメインメニューとなる『鬼塩ラーメン』となります。他には『醤油ラーメン』『浅草つけ麺』『昆布水醤油つけ麺』らがあり、トッピングは特製になると黒毛和牛が乗ったりもします。

変則的なレイアウト
店内はデザインチックで変則的なレイアウト

店内は少しばかりオシャレで無造作に配置されたような座席レイアウトで独特。絵画なども飾られていた。

卓上には調味料は無く、少し静かな店内。

渋谷時代と同様に厨房は奥にあって客からは見えない。HEY!たくちゃん氏は厨房に居たため、今回はお顔は拝見出来なかった。

昔使用していた看板
昔使用していた看板かな

鬼塩ラーメン

鬼塩ラーメン
鬼塩ラーメン

着丼です。

コチラが浅草での看板メニューとなる「鬼塩ラーメン」となります。トッピングはチャーシュー・ネギ・メンマとシンプル。

黄金の淵の丼にて登場となります。

透明度ある塩スープ
透明度ある塩スープ

スープは黄金色にも見える豪華絢爛なビジュアル。おそらく地鶏主体と思われるが、かなり分かりやすくハッキリした味の輪郭。

このスープ、かなり独自性を感じて似たようなお店はあまり少ない出来栄えなのだが、その中でもどこかで飲んだことのある口当たり。その答え合わせがクリアにならず、スープを飲みながらかなり考え込みましたww。

鶏の風味が結構強く、塩ラーメンならではの出汁感の強みで押してくるスープです。

浅草開化楼
麺は浅草開化楼の中細麺

麺は鬼そば藤谷で長きにわたり採用している浅草開化楼の中細麺。

麺自体は文句ない美味しさで、スープとの調和性も良い。独特の風味の鶏塩スープをしっかり持ち上げてきます。

チャーシュー
チャーシュー美味!

鬼塩のデフォルトでは2種のチャーシューを投入。

臭みなく柔らかく優しい旨み。上出来なチャーシューでとても美味しい。

塩ラーメンとしてはあっさりの方向性ではなく、結構味が強く個性のあるラーメンでした。ごちそうさまでした。