2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【會津黒中華@大森】日本でここだけ!福島の幻のラーメンが東京で食べられる

広告

今回は東京都品川区南大井に2023年5月16日にオープンした【會津黒中華(あいづ くろちゅうか)】さんへ。

お店の屋号は何だか難しい漢字だが、分かりやすく書くと【会津黒中華】となり、福島県の会津若松市を想起させる。そこにかつて存在した【二八食堂】と言うお店で提供していたラーメンが「会津ブラック」。その店はなんと創業大正4年。

そのラーメンを復刻させ、東京で展開していくために動いたのが、この店を運営する【会津三代目 なかがわ】さんとの事。

話を伺うと、會津黒中華で提供するのは「會津黒中華そば」と「會津二八食堂そば」。今福島県で現存するのは「會津二八食堂そば」で「會津黒中華そば」は提供できるお店がなくなり、幻のラーメン化となっている。そのため「會津黒中華そば」を食べられるのは日本でもこの東京の店のみとなるようです。

ローカル色の強いご当地ラーメン好きな人は是非頂いてみてはいかがでしょうか?なお、営業時間は昼オンリー10:00〜15:00となっています。

麺じい
麺じい

田舎の食堂ラーメン屋のようやったで!

簡単に會津黒中華の紹介

店名:會津黒中華

住所:東京都品川区南大井3-1-17

最寄駅:大森駅より徒歩9分

電話番号:不明

営業時間:10:00~15:00

定休日:日曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

[quads id=9]

場所は大森駅から徒歩9分の位置

會津黒中華
會津黒中華

お店の場所は東京都品川区南大井。最寄駅はJR大森駅より徒歩9分ほどの桜新道沿い。

入り口はビルの奥まったところにあり、なんだか高級料亭のようなと格式の高さを感じさせる外観で入り口までのアプローチが期待値を高くさせる。この日は店の前の通りで、関係者の方が呼び込みや世間話などの対応をされていた。

暖簾
暖簾

引き戸の前には提灯と暖簾。暖簾には創業大正4年の文字。日本の心を感じさせる佇まいで洋風や中華風と言う感じは皆無。落ち着気のある雰囲気です。

なお、店内が満席時は外並びとなるが、店内にも座って待てる席が5席ほどあります。

[quads id=1]

メニューは希少な會津黒中華がオススメ

券売機
券売機
メニュー看板
メニュー看板

店内に入り小さな券売機があるので先ずは食券購入をします。メニュー構成は上述した通り「會津黒中華そば」と「會津二八食堂そば」が基本メニューとなっています。

福島県に行けばいくつかの店で販売しているのが「會津二八食堂そば」。希少種で此処東京でしか食べることが出来ないのが「會津黒中華そば」となります。

ラーメンを頼むと美味しい会津米のごはんが1杯無料となっています。ラーメンの食券提示時に伺いがあるので回答しましょう。

従業員式目
従業員式目
若松市商工名鑑
若松市商工名鑑

店内にはこだわりの表かと思ったら、従業員式目と題した行動指針なるものが掲示してあった。

そんな従業員式目にも書いてある接客について。店員さんの接客応対はおじさま方が主体の応対となるが、とても腰が低くて礼儀正しい。ただ従業員同士のやり取りはかなり殺伐感…従業員同士厳しくやるのはいい事だが、そのピリピリ感が完全にお客さんに伝わっており、なんだか姿勢が正される思いでした(涙)

味変の楽しみ方
味変の楽しみ方
卓上
卓上は木の温かみ

座席はカウンター5席と2名テーブル8席分ほど。店内の雰囲気はまさにご当地ラーメンを扱う田舎の食堂感がめちゃ出てるし木の温かみがある。なんかこうゆう店あるよね?なんか東京らしくないよね?と言う独特でワクワクするような空間。

卓上には胡椒・お酢・にんにく・豆板醤が置かれており、ラーメンの味変やご飯に合う調味料となる。

[quads id=2]

會津黒中華 肉そば

會津黒中華 肉そば
會津黒中華 肉そば

着丼です。

日本で此処だけ!會津黒中華です。トッピングはチャーシュー・ネギ・海苔・メンマ・なると。

サービスのごはんは、少なめでオーダー。

會津ブラックのスープ
會津ブラックのスープは甘ウマ!

スープは文字通りしっかり色濃いブラック。先行するのは際立つ甘み。動物の他に恐らく玉ねぎらを中心とした野菜らを惜しみなく突っ込んでいそうな甘塩っぱウマスープ。気持ち濃い感覚はあるが、見た目ほど味の強さや塩っぱさは無く、口に含めば厚みがあって飲みやすい感覚に気づくでしょう。

平打ち麺
平打ち麺とブラックスープの相性も良い

麺は平打ちのプリプリとした中太麺。麺は想定ではもう少し細いかと思ったが、色濃く個性あるスープをしっかり持ち上げる存在感のある麺。柔らかすぎずコシをしっかり残した食感で、スープとの一体感もお見事。現代のオシャレなラーメンとは一線を画す、ノスっぽさもあり安心感とクセになる旨みを両立させた美味しい「中華そば」です。

バラチャーシュー
バラチャーシューは美味いに決まってる!

チャーシューのスタイルを見ると、同地方のご当地ラーメンの喜多方ラーメンを想起させます。

肉そばは豚バラで花弁状に5枚乗り、見るからに美味しそうだがやっぱり柔らかくて美味くてジューシーだった。肉に胡椒をかけても、ご飯に乗せても、単独で食べてもべらぼうに美味い!

サービスのごはんは、豆板醤とスープ染み染み海苔でご飯を巻いて食べると美味しかった。

美味しく頂きました。今後は伝説の會津黒中華そばを目指して、全国津々浦々からお客さんがたくさんやってくるかもしれませんね。今後の発展を期待しています。ごちそうさまでした。