筆者が選ぶ★2021年山梨県内ラーメンランキング

【松戸富田麺絆@東京駅】毎日が行列!つけ麺界の王者が東京駅へ参入!

松戸富田麺絆@東京駅

今回は東京駅!

前々から話題性がありましたが、東京駅南口の商業施設KITTE GRANCHE(キッテ グランシェ)内・地下1階に【ラーメン激戦区・東京丸の内】が3月5日にオープンしました。

 

東京のラーメンシーンを盛り上げるべく5つの有名店ラーメン店が揃っています。

 

千葉県松戸で有名な中華蕎麦とみ田さんもその松戸富田麺絆と屋号を持ってオープンしました!

相変わらず東京に出店しても話題性が高く、5つのラーメン店の中でも行列数が連日一番多いようです。

麺じい

観光客・ビジネスマン・学生など色々おるで!

簡単に店舗紹介

 

店名:松戸富田麺絆

最寄駅:東京駅前「KITTE丸の内」地下1階「キッテグランシェ」内

住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 丸の内 B1F

電話番号:03-6259-1133

営業時間:[月~金]11:00~22:00(L.O.)[土・日・祝]11:00~21:00(L.O.)

定休日:不定休

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・商業施設内紹介

 

場所は東京駅南口すぐの商業施設KITTE丸の内の地下1階「キッテ グランシェ」。

この中に「ラーメン激戦区 東京・丸の内」があります。ここを目指します。

東京駅は迷子になりやすそうなので気をつけて・・・

それにしても夕暮れの丸の内のビル群は美しい。結構空も広い!

・・・てなわけで、南口を出てすぐの横断歩道を渡ってすぐに「KITTE」があります。

KITTE内地下1階がラーメン激戦区です!

 

地下には他にもたくさんお店がありますが、直線のフロアにこの施設が一体化しています。

店は別々だけれど、中は繋がっています。

▼ラーメン店ラインナップ▼

  • 中華そば 福味
  • ど・みそ
  • 四川担担麺 阿吽
  • 博多屋台ラーメン 一幸舎
  • 松戸富田麺絆

醤油ラーメン・味噌ラーメン・スパイシー系・博多ラーメン・つけ麺。

どれも個性の違う人気店であります。

【中華そば 福味】

出身:東京都

信玄丸鶏の旨味をじっくり堪能できる芳醇な淡麗系醤油ラーメン。

【松戸富田麺絆】

出身:千葉県松戸市

噛むほどに小麦の香りが広がる極太麺に絡む超濃厚な魚介豚骨スープ。

数々の賞レースも制してきて、人気実力は全国屈指!

【四川担担麺 阿吽】

出身:東京都

9種類のスパイスを使用した自家製辣油の辛味とコク。

【ど・みそ】

出身:東京都

味噌の香りをとことん追求した唯一無二の味噌ラーメン。

【博多屋台ラーメン 一幸舎】

出身:福岡県

懐かしさの中にどこか新しさを感じる博多屋台系ラーメン

 

※食事時となれば、どのお店にも行列が繋がりますが、ダントツで行列があるのは【松戸富田麺絆】ですね!

20名30名とすぐ繋がってしまいますが、回転は悪くなく1時間経たずに入店できるのではないでしょうか。

ボクも先客20名待ちくらいでしたが、30分ほどで入店できました。

堂々とした入り口の看板。

ボクは松戸富田麺絆に入ります。

並び方・入店方法等は法被を着た定員さんのガイドに従いましょう。

スポンサーリンク

店内レイアウト・環境・コンセプト

食券は入店前に購入します。

店員さんが案内をしたら食券を購入しましょう。

つけ麺といえば【山岸 一雄】氏。

中華そばとみ田といえば【富田 治】氏。

券売機となる大型タッチパネルではこのお二人の「」を感じ取ることができます。

メニュー構成はとみ田でもおなじみの【濃厚つけめん】・山岸氏との絆をテーマにしているので、元祖つけ麺でもある【もりそば】【中華そば】もあります。

【もりそば】や【中華そば】は当時の味を再現ということですかね。

立地条件もあるのでしょうか、価格帯は高め。

でも全然良いと思います。

麺じい

この客数・この行列・お土産もあるゆうことは、売り上げえげつなさそやな!

店内はオールカウンター。

合計席数28席。

席感覚はやや狭めです。

この席数に大混雑の客足に対応するのはホール4〜5名ほど。厨房にも4名前後で頑張る店員さん。

店内には大きな元祖つけ麺・山岸氏の写真。

お土産もあります。

店員さんに申し出れば、列に並ばなくても購入している人を見かけましたので、ささっと購入できそうです。

卓上調味料は醤油・酢・辣油・一味・ダブルペッパー。

スポンサーリンク

濃厚つけめん 920円

【 濃厚つけめん(200g)920円 

極太麺ではありますが、早めに食券を渡していたおかげもあってか着席からそれほど待たずに着丼です。

待ちに待った濃厚つけ麺っす。

トッピングにはチャーシュー・柚子・ネギ・なると・メンマ・海苔・魚粉等。

麺は水で締められ、整列されており美味しそう。

つけ汁は、粘度・濁りみ共にある豚骨魚介スープ。

動物と魚介の旨味が存分に溢れ出たつけ汁です。

そのままでも小麦の香り漂い美味しいですが、しっかり麺をつけ汁につけてももちろん美味。

塩分濃度もバッチリで、中華そばとみ田の遺伝子が引き継がれた美味しさだと思います。

自家製だけあって、甲府昭和にある【中華蕎麦うゑず】さんと比較すると味の構成は似ているけれど麺は違いがあるように感じます。

つけ汁の中にはゴロっとしたチャーシュー。

つけ汁が馴染んで美味しい!

濃厚つけ麺は、濃厚なつけ汁・ネギ・柚子など個性が強い素材も多く、うまく行かなければ味のバランスを崩しかねないと感じますが、全体的に調和がとれていて良く出来た一杯だと感服します。

こちらのお店の人気メニューでもある柏幻霜ポーク使用の【心の味餃子・1個150円】

単価は高いですが、サイズが大きいので一口では無理でーす!

肉の旨味が存分に感じられて、手作り感もあり美味しかった。

味が付いているので酢・辣油で召し上がってくださいと表記がありますが、個人的にはこれにダブルペッパーを合わせて食べるとさらに美味しい気がしました!

最後はスープ割りをしてもらうことも可能です。

店員さんの接客についても、人によるばらつきが少なく、ハイレベルな良い接客だったと思います。

ごちそうさまでした。