筆者が選ぶ★2021年山梨県内ラーメンランキング

【らぁ麺 やまぐち 辣式@東京都江東区】5年の年月をかけて生まれた究極まぜそば

らぁ麺 やまぐち 辣式

今回は東京遠征という事で、その際に訪れたラーメン店レポートです。

その名も【らぁ麺やまぐち辣式】。オープンが2015年9月17日。

激ウマ店舗のご紹介です。

 

ミシュランガイド東京にも掲載の有名店の2号店という事です。

正直この店・・・この後認知されて来ると間違いなく混雑店になるでしょう!

簡単に店舗紹介

店名:らぁ麺 やまぐち 辣式

 
電話番号:03-6458-6200
 
営業時間:火曜~土曜 11:30~15:00  17:30~21:00
     日曜11:30~15:00
 
定休日:月曜
 
※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

IMG_3766 立地は、東京メトロ東陽町4番出口から出て、左側に進み「三井のリハウス」を左に曲がればすぐあります。

所要時間3分程でしょう。 まだ、オープン間もないので、花が飾ってあるなどして目立っております。

 

店内レイアウト・環境・コンセプト等

 

店内はまず入店して直ぐ食券を買う券売機があります。

主要メニューは、店主さんが5年の年月をかけて完成させた「麻婆まぜそば」

丸鶏の旨味たっぷりスープに、ムロアジ節とアジ煮干しのダシを加えた「塩らぁめん」の2つです。

 

相当拘り抜いたラーメンという事で勝手にテンションアップです。

来店時刻は14時くらいで、お客さんで混雑していましたが、それほど待つ事はなさそうでした。

12時前後は間違いなく混んでいるでしょう。

 

店内はL字のカウンター9席。各テーブルにはランチョンマットが引かれています。

 

厨房との距離もかなり近く、その仕事風景を見れるのも良しですね!

 

ボクは、相当注文に悩んだ末に、まぜそばの方を選択しました。

混雑からか、出来上がりに少々時間を頂くとのことで、およそ10分くらいで着丼ですね。  

 

スポンサーリンク

パクチー麻婆まぜそば 850円

 【パクチー麻婆まぜそば 850円】

!!ムムッ!! そうなんです。

パクチーを乗せる事が出来るのです!

もちろん苦手な方も居ると思うので、そんな方はノーマルのまぜそばを注文される事をお勧めします。

ボクはパクチー大好きなので思わず注文してしまいました。

 

「良く混ぜて下さい!」

店員さんから説明があり、タレを混ぜていると爽やかなパクチーの香りが押し寄せてきます。

具は細かく切ったチャーシュー・ネギ・パクチー・糸状唐辛子といった所。

 

まんべんなく混ぜたところで一口。

はい!間違いない!!

ちょっと辛くて、旨味が強いです。おいしい!

そして食を進めていくと、だんだん辛さが主張してきます。

花椒(ホアジャオ)のしびれる辛さが絶妙でクセになります!

 

辛いのが苦手な方は、結構辛く感じるでしょうが、辛い物に免疫がある人なら、ちょうどいい辛さだと思います。

パクチーとの相性はかなり良し! 具のチャーシューも小さいですが、非常に美味しくいい仕事をしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

味玉つき塩らぁ麺 880円

【味玉つき塩らぁ麺  880円】

そして、美味くて連日往訪デス。

具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・味玉・かいわれ。

 

写真の通り黄金色のスープが煌びやかに目に飛び込んできます!

麺は平打ちのちぢれ麺。やや細め。

味はとても優しい塩ラーメン。余分なものがない洗練された感じです。それでいて非常に味わい深い。

 

めちゃウマです! 日高昆布や帆立等の魚介をふんだんに使った塩ダレに、高級ブランド魚「関アジ」で作った魚醤を合わせた塩ダレはシンプルでいて、とても深い。。

 

あっさり優しくスープも余裕で飲めますし、チャーシューを食べると、優しい分肉のウマさが引き立ちます。

このラーメンも大当たりでしょう。

一つの店舗で全くテイストの違う2つの看板ラーメン。

感激です! 王道のラーメンもいいけど、たまには斬新なラーメンを食べてみたい時ってありますよね。

そんなあなたの期待に、このお店は応えてくれるでしょう。   そしてこの店・・・絶対流行るでしょう!!

ごちそうさまでした!

テレビ放映

2015年の12月末には、有名になったお店だからこそ!テレビ放映がされました。

有名人がお勧めする年越しラーメンと題打って、【サンデージャポン】で放送されました。

IMG_4406IMG_4405 IMG_4407IMG_4402

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。