筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【つけそば 一福 澪 Rei@甲府市】温故知新!一福の新時代到来つけそば

つけそば 一福 澪 Rei@甲府市

今回は甲府市朝気に新しくできた「つけそば 一福 澪 Rei」さんへ。

 

その名の通り、系譜を辿ると甲府市伊勢にある「つけそば 一福」さんの味に行きつきます。

一福で修行をした女性店主さんが独自のエッセンスを加えたメニュー構成で新規オープン。

これから一福の味を受け継ぎ、新たな歴史を刻むことになるでしょう。

 

屋号は雰囲気的に「一福」の名は控えめに「澪(れい)」が前面に出ている印象。

「つけそば 澪」と言ってもいいかも。

 

営業時間も一福同様ランチタイムのみなので、会社員の方などはなかなか行けない方も多いかもしれません。

一福の伝統と新たなメニューを提げて2019年10月24日オープンです。

麺じい

オシャレで、清潔感あるモダンな店やで!

 

簡単に店舗紹介

 

店名:つけそば 一福 澪 Rei

最寄駅:善光寺駅から徒歩13分

住所:山梨県甲府市朝気2-944-1

電話番号:055-244-6505

営業時間:11:30~15:00

定休日:日曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所・アクセス・駐車場 

場所は山梨県甲府市朝気。

近年新たに開発された城東バイパス沿いにあります。

いつも間にこんなオシャレな建物が!?という佇まい。

学生さんたちもアクセスしやすい立地です!

 

駐車スペースは店横に9台ほど。

オープン時や混雑時は店前にある「ウェイティングリスト」に名前を記載して待つスタイル。

メリットは整列待ちしなくても良いこと。

デメリットは代表待ちができてしまう可能性があるということ。

往訪タイミングは新規オープンから1週間ほどの日。

暖簾がかかり、オープン時には店内の席が満席になりました。

これからさらに認知が進めば、もっと混雑するかも。

一応営業時間は昼オンリー15時までですが、日によってはラストオーダーの時間が早い日もあるようです。

この日のラストオーダー時間は14:00。

一応遅めのランチの方は頭に入れておきましょう。

 

なお回転はあまり早くなく、混雑時はある程度待つ可能性があります。

 

店内レイアウト・環境・コンセプト

店内に入店すると木の温かみを感じるモダンな空間。

カウンター7席・テーブル席3グループ分程度。

しっとりとしたBGMが流れる店内で、店主さんをはじめ店員さんは全員女性。

券売機はなく、席からメニューを見てオーダーするスタイル。

店主さんは「一福」にて修行された方で、一福の味を受け継ぎ、さらには独自のスープもメニューに入れ運営。

  • 一福の味を受け継いだ「醤油スープ」
  • 一福ベースに煮干しを含めた「おさかなスープ」
  • 醤油支那そば

以上の3メニューがグランドメニュー。

 

つけそばは、それぞれ「太麺」「細麺」を選択することができ、支那そばは「ちぢれ麺」「ストレート麺」を選択することが可能です。

サイドメニューの餃子も気になるところ。

 

なお、一福同様スープを濃いめにすることも可能。

一福の味を知っていて、一福のスープがややライトだなぁ〜と感じる人はお試しください。(塩気が強くなります)

卓上には胡椒・唐辛子・醤油・お酢。

水はセルフサービス。

 

特製おさかなつけそば 大盛 1200円

【 特製おさかなつけそば 大盛 1200円 

着丼です。

オーダーから着丼まで24分。この辺の時間の短縮は今後の課題になるでしょう。

 

大盛は1.5玉増しで太さは当然太麺をチョイス。

トッピングには厚めのチャーシュー5枚・味玉・メンマ・なると・海苔・かいわれ。

つけ汁側にはネギ・玉ねぎ。

つけ汁は一福同様に粘度は無し。

麺は冷水でシメられた太麺。

もっちり・むっちりとしたふくよかな麺です。

つけ汁に浸して食すと、煮干しの旨味・風味・柔らかな酸味・辛さが一つの味の構成となり味覚にアピール。

 

濃いめでオーダーしたので、塩分濃度が強い分しょっぱさと旨さが丁度良く共存します。

注意
濃いめは結構味が強くなるため、スープをゴクリと飲むのはオススメしません。初めての方は通常の味付けがいいかも!

味濃い目にした分、それがインパクトとなりリズムよく麺を啜っていける。うん、美味しい!

 

特に後半は唐辛子の辛さが際立ってくるので、辛いのが苦手な人はピリリと舌にくるかも。

チャーシューは2種の豚チャーシュー。

一福で入れられるような細長のチャーシューではなく、現代のトレンドである低温調理でのレアな豚であるのは意外!

オールドスタイルに、現代トレンドを加えた構成です。

味玉はつけそばだからこそ!の固めの調整。

 

一福さんも独自の美味しさがありますが、澪さんもお見事。

「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」→正に温故知新のつけそばです。

 

特製つけそば ダブル 1290円

【 特製つけそば ダブル 1290円 

こちらは、一福の味を受け継いだオーソドックス醤油スープVer。

簡潔に説明すると、「おさかな」よりも酸味の強度が増しているように感じます。

 

普通のつけそばと、おさかなのつけそばは、似ているようで味は明確な違いがあります。

酸味やストレートな美味しさを求めたい人は「通常のつけそば」

煮干しの風味・辛味を感じたい人は「おさかなつけそば」という所になるかと。

 

 

個人的には似てはしているが、一福とはやや別物感のあるお店だと感じています。

場所も場所ですから、今後も混雑が要されると思いますね。

ごちそうさまでした。