2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【秦唐記 神保町店@九段下駅】太くて美味い!ビャンビャン麺が味わえるお店

秦唐記 神保町店@九段下駅

今回は、秦唐記 神保町店。

中華飯店系の呼び名ですね。茅場町にも1店舗あります。

 

今回の目当ては「ビャンビャン麺」です。

麺じい

なんやそれ?

MEMO

ビャンビャン麺とは?・・・中国の陝西省(せんせいしょう)で主に使われる幅広の麺を指します。麺自体は太くその形から「ベルト」と例えられたりもします。刀削麺も一時流行しましたが、ビャンビャン麺を食せるお店は少なく希少です。

因みにビャンビャン麺のビャンという漢字。非常に難しく総画数58画とのこと。

↑コレです。

麺じい

覚えるまで3日かかるで

 

・・・そんな麺の美味いお店に行ってまいります。

オープンは2020年2月10日。

簡単に店舗紹介

 

店名:秦唐記(シントウキ) 神保町店

最寄駅:九段下駅5番出口から徒歩2分

住所:東京都千代田区神田神保町3-2-5 九段ロイヤルビル 1F

電話番号:03-6256-9787

営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00

定休日:なし

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は靖国通り沿いで分かりやすい

場所は神保町店と書いてあるが、最寄り駅はどちらかと言えば九段下駅。

もちろん神保町からも遠くない。

靖国通り沿いに位置します。

 

営業時間も比較的長く、様々なニーズに応えられるはず。

入り口にはビャンの漢字

何も知らない人からしたら「ナニコレー」ってなりますな。

店内は手作り感のあるアットホームな環境

入店すると出迎え態勢万全。

カウンターテーブルと通常のテーブル席がたくさんあります。

メニューもたくさんあります。

汁ありの麺・汁なしの麺。

アルコール・ご飯もの・一品ものとかなりの量があるので、食事目的でも飲み目的でも対応できます。

「西安3大定番の味」は・・・

  • ヨウポー麺
  • トマト麺
  • ジャージャン麺

とあります。

今回はヨウポー麺をチョイス。

麺は太い方から「ベルト麺」「ビャンビャン麺」「韮叶」「拉条子」となります。

もちろんココに来たなら、ビャンビャン麺以上を頼みましょう。

卓上メニュー表にも、壁にも「ビャン」を書いてみよう!とか書き順とか見えます。

麺じい

どんだけビャン書かせたいねん!3日かかるで!

卓上はホワイトペッパー・お酢・ラー油。

スポンサーリンク



ヨウポー麺(油溌麵) 850円

【 ヨウポー麺(油溌麵) 850円 

着丼っす!丼がめっちゃ可愛い!買いたいくらいっ!

 

この麺は、油溌辣子という手作りの辣油をカットしたキャベツ・もやし・コロチャーシューらの上から豪快にかけた一杯。

その下には今回注文したベルト麺があります。

飲みながら食べてください!と麺の茹で汁が提供されます。

これもヨウポー麺を食す時のスタンダードだそうです。

味わいはほぼ白湯ですが、辣油のオイリー加減や辛さをリセットしてくれます。

これがベルト麺じゃー!太すぎー!

この麺を下層にある、辛みのあるタレに馴染ませて頂きます。

しっかり馴染ませないと旨さ半減ですよー!

 

この麺はコシはあまりないけれど、柔らかな食感がクセになる感覚。

ニュルンとした感触の麺を、辛くて濃いめのタレで味わう!これが美味い。

ペロっと食べ切れる美味しい麺でした。

ごちそうさまでした。