2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ROCK’ANDO@池袋・要町】「六感堂」からの屋号変更リニューアル

今回は東京都豊島区池袋にある人気店「麺屋 六感堂」さんが2022年9月16日にリニューアルをして「ROCK’ANDO」となりました。

2014年にオープンして、池袋エリアで高い人気を博していましたが、屋号変更をすると共に商品を一新!

中華そばを廃止し豚の清湯をメイン商品に据え、人気だった煮干そばもマイナーチェンジするとのこと。

新たなリスタートで、更なる人気店の名声を得て行ってほしいですね。

麺じい
麺じい

お店はアメリカンスタイルになってたで。

簡単にROCK’ANDOの店舗紹介

店名:ROCK’ANDO 六感堂

住所:東京都豊島区池袋2-23-5 サンフェニックス山田 101

最寄駅:池袋駅C1出口より徒歩3分・要町駅より徒歩10分

電話番号:03-6912-6009

営業時間:11:30~14:45 18:00~21:30

定休日:水曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

お店は池袋駅C1出口より徒歩3分

外観
外観は完全にアメリカンになっている

お店の場所は東京都豊島区池袋。

池袋駅C1出口より西側に、徒歩3分の位置に。

地下鉄要町駅からも徒歩圏内だが10分ほど要します。

店舗の外観・スタイルは変わりアメリカンダイナーの様な佇まい。

暖簾
漫画家「清野 とおる」さんが描いた暖簾

暖簾はコレまで見たことのない様な漫画調。とてもよく目立ちます。

どうやら赤羽在住の漫画家「清野 とおる」さんがこの暖簾を担当し描いたようだ。

温かくてファニーな印象の暖簾。ここまで見ればラーメン屋さんでは無くてハンバーガー屋さんと思う人も少なくないはず。

置き看板
店頭置き看板

店頭の置き看板もラーメン屋とは書いてないが、「池袋怪奇酒(シックスセンシュ)」と飲み屋さんかとも捉えかねぬ小ボケ?

ラーメン屋さんと理解できるのは店舗側面にメニューが掲示してある点。しっかり外観を見れば最終的には皆さんラーメン屋さんだと理解できそうです。

スポンサーリンク

ベースメニューは豚そば・煮干し

券売機
見やすい券売機

入店してスグに券売機。

メニューは六感堂時代からリニューアルがかかり、豚そば・煮干そば・背脂煮干そば・煮干油そばとなっています。

PayPayでも支払い可能。メニューを決め座席の方でバーコードを提示してもらえる様です。

追加メニュー
メニューの追加は現金でOK

座席にもメニュー表があり、座ったままでも追い金で追加できます。和え玉は人気です。

カウンター
全席カウンター席

座席レイアウトは全てカウンターのみ。

こじんまりした店内で礼儀正しい女性が調理。待ち時間も少なく着丼に至りました。

スポンサーリンク

味玉豚そば

味玉豚そば

着丼です。

トッピングはチャーシュー・味玉・九条ネギ・メンマ。

見た目美しく丁寧に麺線を整えられての提供です。

スープ
澄んだ豚清湯スープ

スープは透過度高い豚清湯。

豚は濁りあるスープが多い印象だが、コチラは綺麗に澄んでおり味わいも優しめ。穏やかなスープの印象だが後味は豚由来のコクでまとめる。極めて上品な豚そばだなぁと感じた。

麺
麺も綺麗で優等生

麺は中細ストレート。

麺線が整えられている影響もあるかと思うが、見た目美しくコシもしっかり。美しい麺と品あるスープの組み合わせで食べる方も慎重にスルスル啜りたくなる。

そしてこのラーメン、やけに胡椒が合う!2つの胡椒が置いてあるが、パウダーの方が合っていて美味しかった。

チャーシュー
ジューシーバラチャーシュー

チャーシューは旨味たっぷり豚バラ。勿論美味く無いわけがない。ジューシーで何枚でも食べれそう。

味玉
味玉
メンマ
コリコリメンマ

味玉の黄身、メンマのコリコリ。

どちらも際立つ特徴があり美味しかった!

かなか高いセンスを感じる一杯でした。ごちそうさまでした。