2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【南部よろこび茶食堂@南部町】道の駅なんぶの鮪ラーメン

今回は山梨県南巨摩郡南部町。

山梨県最南関部に近く、静岡の県境まで車で25分ほどの位置。

近年は中部横断道の普及により、山梨県の盆地側からも静岡県側からも南巨摩郡エリアに気軽に行きやすくなりました。

道の駅なんぶより引用

目指すは【道の駅 なんぶ】。

2018年開業と比較的新しい道の駅で、ドライブの一休み等でとても使いやすい憩いの場。

飲食やお土産購入はもちろん、地元の野菜などの販売もしていて賑わっている。

そんな場所の飲食エリア【南部よろこび食堂】に「鮪(マグロ)のラーメン」を出しているとかなんとか。

一度行ったけどラストオーダー過ぎていて食べれなかった経験があって今回はリベンジ戦。

フードコート系のお店だけに正直期待はあまり高くないが、山梨県で唯一のマグロラーメン?しっかり頂いてくるぜ!

麺じい
麺じい

ココ案外美味いんちゃうか?

簡単にお店の紹介

店名:南部よろこび茶食堂

最寄駅:絶望的に無し

住所:山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1 道の駅なんぶ

電話番号:0556-64-8552

営業時間:10:00~16:00LO

定休日:無休

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

お店は道の駅なんぶの飲食エリア

道の駅なんぶ
道の駅なんぶ

お店の場所は南巨摩郡南部町。

道の駅なんぶの中にある。まだ開業から新しい建物は綺麗で清潔感がある。

南部三郎光行公
南部光行像がお出迎え

道の駅は、52号富士川街道沿いで中部横断自動車道「南部インター」を降りてスグと自動車のアクセス性は非常に便利。ただ最寄りのJR駅は無し。

入り口横には南部三郎光行公の像があって出迎えてくれる。

南部よろこび茶食堂
南部よろこび茶食堂

道の駅南部の南部光行像とは反対の方向へ向かうと「南部よろこび茶食堂」がある。

お店自体はフードコート形式で、厨房の手前に券売機が1機設置してあるので食券を購入しよう。

カウンター席
カウンター席
テーブル席
テーブル席

店内は清潔感があり、カウンター席とテーブル席がある。

フードコートだけに各顧客は滞在時間もそれほど長くないので、比較的席は空いている印象。

スポンサーリンク

メニューはかなり多く目移りしちゃう

メニュー写真
写真付きメニュー看板は入り口にある
デザートメニュー
デザートも充実

茶食堂の入り口にはスタンド看板で写真付きのメニューが表示されている。

メニュー数比較的多く、茶そば・ラーメン・カレーライス・デザート系など揃っている。

券売機で商品を見つけるのは少々大変なので、予め決めておいた方がよさそう。

鮪ラーメン
目に入ってきたのは焼津鮪節ラーメン!

メニュー表の中には【焼津鮪節ラーメン】と書かれたメニューが!!

今回はコレを目的に来たからコレにしよう!

ところでなんで南部で鮪??

どうやら管理会社が熱海に所在があり、焼津で水揚げされたマグロを仕入れて諸々の調理をしているようなんだ。南部の地元の商品と焼津産のマグロらが融合したイイトコ取りの商品が多いんだね!

券売機
券売機にメニューぎっしり

券売機を見るとやはりたくさんのメニューがあるのが分かる。

目の悪い人は探すのが大変そうだ!ラーメン系は上から2段目だった。

他のラーメンは【チャーシューメン・とろ味噌ラーメン・塩タンメン】がある。

スポンサーリンク

焼津鮪節ラーメン

焼津鮪節ラーメン
焼津鮪節ラーメン 690円

着丼です。

中々安くフードコート価格だね!

トッピングはチャーシュー・メンマ・ネギ。

スープ
鮪節のスープは厚みがある

スープは節粉が塗してあり、ほんのり魚介の香りが立ち込める。

啜るとまろやかな舌触りの中に感じる魚介感。

スープを一口飲んだ瞬間に「あっ!マグロだ!」となるわけではないが、コレまで東京で味わった鮪節のスープの味を思い返すと奥行きや厚みが出てくる印象だったが、コチラの鮪節のスープもなかなか近いと思える。

フードコートの一杯ではあるが、魚介の香りと奥行きのある旨味がまろやかなスープに乗せてやってきて美味しい!

細麺
麺は細麺でチュルチュル啜れて美味しい

麺は細麺仕様で滑らかなスープを持ち上げ相性も良い。麺も良いがやはりスープの個性が際立っているなぁ。

この美味しさで690円は中々コスパがいいような気がするなぁ。

チャーシュー
チャーシュー

チャーシューは箸を入れれば簡単にほぐれてしまう。味は優しくインパクトは弱いが、肉の柔らかさが心地よい。

美味しく頂きました。

営業時間も通しで長めなので、時間がない時の昼食・小腹が空いた時にも役に立ついい食堂です。

近くに来た時は是非寄ってみよう!ごちそうさまでした。