2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【麺響 万蕾@菊川】松戸からの移転オープン!煮干しと貝の美味しいラーメン

今回は東京都墨田区菊川に、2023年2月23日に千葉県松戸市のみのり台から移転オープンした【麺響 万蕾(めんきょう ばんらい)】さん。元々は松戸でかなりの人気を誇っていた店舗が東京初参入となります!

万蕾とは?多くの雷や大音量の事を指す意味を持っており、麺の旨さを轟かせるといった思いを屋号に込めているのかもしれません。

初訪店となった日程は3月初頭。お店の紹介では昼夜の営業スケジュールとなっていますが、グランドオープン期間が落ち着くまでは昼のみの営業の様です。

なかなか高い実力を持った店なので日々行列が出来やすいですが、期待に応えられる様な美味しい一杯なので興味のある方はぜひ訪店してみて下さい。

麺じい
麺じい

電撃走る美味しいラーメンやで!

簡単に麺響 万蕾の紹介

店名:麺響 万蕾(めんきょう ばんらい)

住所:東京都墨田区菊川1-11-15

最寄駅:菊川駅より徒歩4分

電話番号:不明

営業時間:[火~土]11:00~14:30 18:00~21:00 [日]11:00~14:30(オープン期間は昼のみ)

定休日:月曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は菊川駅A1出口より徒歩4分

麺響 万蕾の外観
麺響 万蕾の外観

お店の場所は東京都墨田区菊川。

最寄駅は菊川駅でA1出口より徒歩4分。お隣の森下駅からは徒歩7分ほどと、菊川駅・森下駅の中間点あたりに位置します。

お店は住宅街の一角に店を構え、外観はシンプルなビルといった感じ。

看板は雷マーク
看板は雷マーク

見上げると屋号の入った看板がありますが、雷マーク付き。

閑静な住宅街ではあるが、何やら雷のアクセントがワクワクさせてくれます。

TRYラーメン大賞
店頭にはTRYラーメン大賞の受賞ポスターなど

店頭には煮干出汁と貝出汁のらーめん・和風らーめんと言う幟が立てられ、かつて受賞した「TRYラーメン大賞」のポスターなども掲示してありました。

店内満席時には外並びとなります。食券購入のタイミングは店内の促しを受けてからで良さそうです。

スポンサーリンク

メニューは洗練された3品!和え玉もオススメ

券売機
券売機
お店のこだわり
お店のこだわり

入店して直ぐに券売機。

メニューは醤油・白醤油・潮と3種類がベーシックなラーメンメニューとなります。

和え玉が人気で、ラーメンプラス和え玉を頼む人が結構多い印象にあります。胃袋に余裕のある人にはオススメです。

なお、券売機の上にはお店のこだわり・オススメが記載されています。どうやら初来店の方は「醤油らーめん」がオススメのようですよ。

卓上
卓上はかなりスッキリ

着席しラーメンが出来上がるのを待ちます。

テーブルは特に調味料や掲示物がなく、視覚から得られる情報量は極めて少ない。

ただ着丼の時を待つのみだが、特に店主さんの所作・印象が良く、スマートでカッコいい店主さんだった。

スポンサーリンク

白醤油らーめん

白醤油らーめん
白醤油らーめん

着丼です。

トッピングは2種チャーシュー・水菜・海苔・メンマとシンプルに。

煮干し香るスープ
上品に煮干し香るスープ

スープは白醤油らしく色合いは淡い。

味わいは和出汁感じる優しくも旨みがジワジワと広がる口当たり。

スープは煮干し・貝出汁を合わせてるとの事だが、主に際立つのは煮干しの風味。優しさの中に適度に主張する上品な煮干しの旨みがたまらなく美味い!貝のエッセンスは強くは感じないが、印象としてはスープとしてのバランスを取るための引き立て役のように感じる。実に美味しいなぁ。

麺を啜る
麺を啜ると、このラーメンの本領発揮!

麺は菅野製麺所の中細ストレート麺を採用。この麺をズルズルと啜るところで、「おっ!凄いなっ!」と感じました。

スープの旨みが麺一本一本にしっかりコーティングされている感覚で、麺にしっかりスープの味が乗っていてめっちゃ美味いんです。

言うなればこれがラーメンにおける一体感とも言えるのですが、自家製麺でなく製麺所委託でこれができちゃうのが凄いです。麺に合わせたスープにしたのか?スープに一番に合う麺を選択したのか?は不明ですが、麺への旨みの乗せ方がとっても上手だなぁと感服しました。

鶏・豚チャーシュー
鶏・豚チャーシューも美味い!

通常のチャーシューは鶏・豚1枚ずつ。

いずれもしっとりと調理した味付けで柔らかく食感も極上。シンプルに見えるけど手間かけているのが分かる印象の美味しいチャーシューでした。

美味しく頂きました。シンプルなラーメンを頂きましたが非常に味わい深くて美味しかったです。