2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【豚NOVA(ノヴァ)国分寺本店】凶暴な豚の二郎系ラーメン店

今回は東京都国分寺市本多に2023年10月1日にオープンした【豚NOVA(豚ノヴァ)国分寺本店】さんへ。

コチラのお店は屋号から察する通り二郎系ラーメンを提供するお店となります。

店主さんは埼玉県の人気二郎系【富士丸 東浦和店】と【D麺】での修行経験があるようです。個人的には埼玉の同2店舗は未訪店ですが、同じ富士丸ブランドの【富士丸 西早稲田店】とD麺の修行先となる【豚星。】から独立された【豚風。@旗の台】は訪店経験があるので、双方のいい部分を感じれるのではないかな?と思います。

営業時間も昼から夜までの通し営業なので、数多くのお客さんの目にも触れる事でしょう。

麺じい
麺じい

不定期に食いたくなる二郎系や!!

簡単に豚NOVAの紹介

店名:豚NOVA(豚ノヴァ)

住所:東京都国分寺市本多2-1-14 西野ビル 1F

最寄駅:国分寺駅北口より徒歩5分

電話番号:不明

営業時間:11:00〜21:00

定休日:不明

SNS:X(Twitter)

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

場所は国分寺駅北口より徒歩5分

豚NOVA 国分寺本店
豚NOVA 国分寺本店

お店の場所は東京都国分寺市本多。

JR国分寺駅北口より駅前通りを徒歩5分ほど北上し、熊野神社通りにぶつかる「本多公民館図書館西」の交差点に店があります。ここには以前は2020年にオープンの【麺や福吉】があった跡地となりますね。

縦型の大きな看板
縦型の大きな看板
大きな看板
通り沿いからは大きな看板がよく見える

お店の外壁と高い位置にもかなり目立つ看板があり、歩行者・運転者双方に抜群の広告効果をもたらしています。

見るからに二郎系配色なので、若者の目にはが輝いて見える事でしょう。

ちなみに豚NOVA周辺半径15mくらいは、強烈でヨダレ滴り落ちるほどの「たまらない豚臭」が漂っています。

麺じい
麺じい

近くのコンビニから出てきた若者が、漂う香りに悶絶しとったで!

店内満席時の並び方
店内満席時の並び方

食券購入&並び方のルールを解説します。

店内満席時は外並びの前に食券購入をします。食券購入したら上の写真の通り順番に並びます。

外並び先頭になったら店内から誘導があるので、意識は店内へ向けておきましょう。なお、仲間同士など2名以上の対応なども考慮してもらえます。

メニューは二郎系ラーメンや汁なしが揃う

券売機
券売機 メニュー定番の二郎系の一杯が揃う

入店して券売機のメニューを拝見。

ベースは二郎系のラーメンですが、オープン期間が終わり落ち着いた同年10月末からは汁なしの販売を開始しました。今後はつけ麺・辛い一杯の提供もされていく事でしょう。

麺の量の指定も細かくできるようなので、大食いな方も少食な方・女性もオーダーしやすいはず。

麺量の目安

なお、二郎系初心者の方や豚NOVA初心者の方は是非とも麺量の目安は確認しておいた方がベター。

普通のラーメンでも、通常のラーメン屋さんの2杯分以上の麺量となっています。

コールの方法
「ニンニク入れますか?」のコールの方法
汁なしのコールの方法
「ニンニク入れますか?」の汁なしのコールの方法

調理終盤に差し掛かり、もう間も無くラーメンの提供のタイミングになったら「ニンニク入れますか?」の伺いがあります。

上の写真を参考にし、ラーメンの場合のコールの返し方・汁なしの場合のコールの返し方を伝えましょう。

今後変わるかもしれませんが、汁なしのヤサイの量はカウンター越しに事前に聞かれました。

調味料類
調味料類

座席は全てカウンター席。

基本的な座席レイアウトは旧店舗のまま、厨房や雰囲気は明るく優しい二郎系のお店になっています。

調味料は黒胡椒・白胡椒・一味唐辛子・カエシ・お酢となっています。座席からカエシで味を濃くする調節は可能です。

各座席からは厨房の調理風景を見れて、従業員さんの雰囲気も比較的明るい。ホールのメイン対応は明るいお姉さんが感じ良く接客していたので、女性のお客さんも入店しやすいはず。

少なめ汁なし

少なめ汁なし
少なめ汁なし
食欲そそるビジュアル
食欲そそるビジュアル

着丼です。

初訪店だけど、汁なし解禁日ということでラーメンは頼まず汁なしからオーダー。

コールはニンニク・マヨネーズ。野菜の量の確認はカウンター越しに事前に。

トッピングは豚・ヤサイ・鰹節・フライドガーリック・生玉子らが乗っており、先ずはまぜまぜ。

麺リフト
麺リフト ブラックペッパーまとうガツンと旨みのある豚麺

まぜまぜして麺リフト。

平打ち状の太麺はコシやバキっと感があるストロングスタイル。

麺一本一本に粗挽きのブラックペッパーがまとい、丼底に溜まるタレが結構濃いめ。豪快に豚の旨みが纏う麺を啜ると、ペッパーとカエシのパンチがそれぞれ主張しあってかなりガツンとインパクトのある味わい&鰹節効果で少しばかりの和風感もプラス。

そこにニンニク・マヨネーズ。またお好みで卓上の一味唐辛子も投入する事で、禁断の旨み成分が幾重にも重なりスーパージャンキーな美味しい麺に昇華!!背徳感ある豚らの旨み成分がこれでもかと味覚にアプローチしてきます。

豚さん
分厚すぎる豚さん

豚NOVA言うだけあって、屋号にもなっている「豚」は強烈に厚い。

個人的にはこの豚2枚はきつい。。。麺少なめで良かったなと安堵するほど厳つくてボリュームのある豚となっています。

分厚い豚さんの味染み加減は適度でそれほど強くはありません。どちらかと言うとプレーン寄りにも感じる豚の味構成なので、丼底に溜まったカエシを染み込ませて食べることがオススメとなります。

美味しく頂きました。比較的居心地良くて温かい二郎系店舗でした。つけ麺も是非食べてみたいと思えました。ごちそうさまでした。