2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【立川マシマシOGKB店@荻窪】ガッツリ&サッパリ「凄い冷やし中華」を喰らう

立川マシマシOGKB店@杉並区荻窪

今回は東京都杉並区荻窪駅近く。

立川マシマシは言わずと知れた二郎インスパイア店で、独自にマシライスなどの中毒系メニューで人気を博しているチェーン。

個人的には神保町の立川マシマシ以来。

ガッツリ行っときましょう!

麺じい

ニンニク入れてまえ!

オープンは2019年4月10日。

簡単に店舗紹介

店名:立川マシマシOGKB店

最寄駅:JR荻窪駅

住所:東京都杉並区上荻1-5-9

電話番号:不明

営業時間:11:00~15:00  17:00~23:00

定休日:不定休

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

場所はJR荻窪駅北口から徒歩3分ほど。

青梅街道沿いでまぁまぁ目立つのでわかりやすいでしょう。

入り口には豚さんがわんさか。

外観からは少しだけ屋台チックな印象に見えます。

店内レイアウト・環境・コンセプト

入店してすぐ券売機。

二郎系と違い、ラーメン系メニューだけでなくご飯物がかなり充実していて気分に見合ったメニューを注文できることでしょう。

今回は、未体験の凄い冷やし中華目的!

なお、凄い冷やし中華は麺量を200g〜500gで設定ができます。

店員さんが食券確認時に聞いてきますので、そのタイミングで麺量を伝えましょう。

なお、冷やし中華は他のメニューより時間がかかります。

↑無料トッピングの案内。

店内はカウンター席のみ12名前後が座れます。

カウンターからは厨房が丸見えで寸胴などからも距離が近い。

故に夏場は熱気・熱風がカウンター席に襲ってきそう!

卓上は、味変にも活躍できるラインナップ。

マリーシャープス・刻みニンニク・唐辛子など。

BGMはJ-POP。

凄い冷やし中華 950円

【 凄い冷やし中華 95円 

着丼です。

もう見るからにジャンキーな佇まい。

でもなんか美味そう!

盛りについては一見大したことはなさそう。

トッピングは、豚肉・玉ねぎタルタル・胡瓜・ガリ・からし。

かなりボキャブラリーがある面白いトッピング。

かろうじて、「胡瓜」「ガリ」が冷やし中華感を演出している印象。

よく麺を混ぜてからリフトアップ!

ワシっとした太麺で、タルタルソースらと混ぜ合わせて食します。

これが見た目ほどジャンキーな感じではなく、非常にさっぱり美味しく食べれます。

麺の食感が好みで、非常に斬新で個性的な一杯!美味しい。

特に、玉ねぎとタルタルソースの合体技のソース・濃いめのタレで炒められた豚肉。

こつらが美味さを強力に増幅させてくれます。

その他、特に濃いかえしなども入れられてなく終始サッパリ!・・・でもガッツリ食せます。

冷やし中華特有の酸味はなかったなぁ。

 

個人的には斬新でサッパリ美味しいため、お勧めできるレベルの冷やし中華だと思います。

ごちそうさまでした。