2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

〔閉店〕【中華そば 龍の眼@千代田区末広町】

中華そば 龍の眼@千代田区末広町

今回は東京都千代田区末広町にある人気店オープン情報。

中華そば龍の眼さんですが、こちらのお店はあのミシュラン1つ星を獲得し、カップ麺でもおなじみの名店【鳴龍】さんプロデュースの新店舗。

鳴龍さんは担々麺が有名ですが、龍の眼さんは中華そば。

ストレートにラーメンの美味しさを訴えかけます。

 

オープンは2018年6月26日です。

簡単に店舗紹介

店名:中華そば 龍の眼@千代田区

最寄駅:東京メトロ銀座線 末広町駅徒歩3分

住所:東京都千代田区外神田3-6-5 1F

電話番号:不明

営業時間:11:00~15:00  18:00~21:00

定休日:月曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

立地は東京メトロ末広町駅から200m以内。

近くに人気店もいくつかあるエリアに堂々オープン。

外観からも鳴龍プロデュースという事がよくわかります。

店内レイアウト・環境・コンセプト

店内レイアウトはカウンター席オンリー13席。

券売機はなく、口頭でオーダーします。

一番のオススメは最上部のチャーシューそば

 

中華そば屋さんなので、メニューのベースとなっているのは基本的な中華そば。

龍の眼さんのこだわりが↑こちらで分かります。

卓上は胡椒のみ。自信の現れですね!

スポンサーリンク



チャーシューそば 1100円

【 チャーシューそば 110円 

こちらのラーメンの特徴は、ラーメンとチャーシューが別皿ということ。

トッピングはチャーシューの他に、白髪ねぎ・メンマ・ネギ。

チャーシューにはご覧の通り、ソースがかかっていることもあり、麺上には乗せず別皿なんだと思います。

 

チャーシューはピーナッツも添えてあり、おつまみとしてもいけるもの。

上にソースをかけた広東式チャーシューです。

肉はやや硬めで食感があり、近年の柔らかいチャーシューや低温ローストのチャーシューとは別物。

中華料理で食すような、複雑な味わいのあるチャーシューです。

好き嫌いもあるかもしれませんが、ボクは好きっす♪

 

ちなみに・・・角煮そば(1200円)も↑をご覧の通り、角煮は別皿で提供。

こちらは、甘いタレをかけられており、歯を入れると柔らかい感覚と肉の旨さが広がります。

 

スープは澄んだ醤油色で、鶏ガラに煮干し・魚介節などを合わせたさっぱりすっきりとした清湯。

優しい味わいながらも、醤油の確かな存在感を感じます。

昔懐かしの安心感ある味わいと、深みを感じさせる技をバランスよく感じさせてもらえるハイレベルな美味しさ。

白髪ねぎも、なんか美味い。

 

麺は国産小麦の自家製麺。

中細ながらも張りも存在感ある麺で美味しい。

 

個人的にはこちらのそばは、昔懐かしの中華そばのハイレベルアレンジといった印象です。

と言いつつ、中華そばのエッセンスは失わず、人を満足させるものは持っていると思います。

さらなる発展を期待しています。

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です