2023年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【ケンケン軒@富士河口湖町】不定期営業の幻のラーメン店

今回は南都留郡河口湖町船津。

以前よりマークしていたラーメンにようやくありつけました。

屋号は【ケンケン軒】と言い、河口湖のホテル&音楽スタジオを運営している【STUDIO&HOTEL CAMELOT(スタジオ&ホテル キャメロット)】内のスタジオ内を飲食スペースにして営業しています。

営業日・営業時間は完全に不定期幻のラーメンとも言われており、コチラのラーメンを食べたい場合にはお店のInstagramを確認しておく必要があります。

提供するラーメンは王道な醤油中華そば(味噌も販売している)で、個人的にはイチオシしたい店です!是非近くを訪れた際には寄ってみては如何でしょうか?

麺じい
麺じい

ジャズ&ラーメン好きな人は行かなあかんで!

簡単にケンケン軒の紹介

店名:ケンケン軒

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津1659 STUDIO&HOTEL CAMELOT

最寄駅:河口湖駅から徒歩20分

電話番号:0555-73-1117

営業時間:営業日程・時間はインスタ要チェック

定休日:不定休

SNS:Instagram

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

河口湖大橋から車で5分の場所

お店の場所は富士河口湖町船津。

河口湖大橋を渡りきって、707号富士河口湖富士線に沿って車で走る事約5分ほど。

STUDIO&HOTEL CAMELOT】の建物が見えてきます。

OLEO看板
スカイブルー色のOLEO看板が目印
営業中看板
入り口の営業中看板

目標はスカイブルーっぽい色の【OLEO】の英文字の看板。

ケンケン軒の営業日には店頭に置き看板も置かれているので、その辺を目印にお店を目指そう。

晴天の日は南の方角に壮大な富士山が見える!とても美しく壮観!

駐車場は店前のスペースでOK

営業中には上のような「中華そば」の看板が外に出されている。

この看板が出ていたらウキウキでスキップして店内へGO!

なお、駐車場は特にガイドがなかったが、ホテルの前が幾つかスペースがあるのでそこでOK。

スポンサーリンク

メニューは中華そば・味噌ラーメンがメイン

メニュー表
メニュー表。メインは醤油と味噌。つけそばもある!
バターチキンカレー
カレーまである!

入店して好きな座席に着席が可能。

券売機は無くメニュー表を拝見。メニュー構成は醤油となる「中華そば」「味噌ラーメン」「つけそば」がメインメニューとして据えられている。味噌ラーメンはオープンして暫くしてから出来た新メニューとなります。

チャーシュー3枚とチャーシューメンの違いは?

メニューにチャーシューメンがあるが、チャーシューメンはチャーシューが4枚入る仕様です。お好みのチャーシューの枚数を決めてメニューを伝えよう。(肉はかなり美味いぜ!)

バターチキンカレーにおいてもオープン当初はなかったメニュー。うまそうだ。。。

セルフサービス
お水・おしぼり等はセルフサービス
青南蛮
味噌ラーメン用の青南蛮も用意がある

メニューを口頭でオーダーしたら、お水やおしぼりを貰いに行こう。

水・おしぼり・取り皿らはセルフサービスとなる。厨房側の壁側に並べられているので、そこから拝借します。

味噌ラーメンをオーダーした方は、辛い青南蛮も貰っておくのも忘れずに。

ポップなデザインイラスト
ポップなデザインイラスト
壁側カウンター席
壁側カウンター席
テーブル席
テーブル席も充実で広い!

店内を見渡すと、流石に音楽スタジオとして作られただけあってとても広い!

座席は壁側にカウンター席・そのほかは全てテーブル席で座席数もかなり多い。

混雑具合にもよるが、家族連れや大人数で来ても余裕で収容できそうな間取り。

ドラムや音響機材
スタジオだからドラムや音響機材もある

音楽スタジオなので普段置かれている楽器もいくつか。

ドラム・グランドピアノ・マーシャルのウーファーなど、音楽を嗜んでいる人ならニンマリしてしまう音響機材がしっかり揃っていて演奏したくなってしまうほど。

麺じい
麺じい

ゆきはんは昔バンドやってたとかなんとか。。?

そして音楽による雰囲気作りもしっかりと。

BGMは1900年代中盤でリリースされた年代物のアメリカ人シンガーR&Bが中心に流れていた。

すごい雰囲気あってセンスの高い選曲ばかり。

卓上には胡椒と唐辛子

卓上には胡椒と唐辛子が置かれていた。

ホテル内・音楽スタジオ内のラーメン屋さんだけど、対応してくれたお姉さんの接客は素晴らしく居心地も良かった。

スポンサーリンク

中華そば

中華そば チャーシュー3枚

着丼です。

コチラはチャーシュー3枚の中華そばです。

トッピングはチャーシュー・海苔・わかめ・ネギ・刻み玉ねぎ・メンマ。

風貌からは八王子ラーメンのような雰囲気もあります。

生姜のうまみ感じるスープ

スープはほんのり油の浮いた醤油スープ。

啜ると真っ先に感じるのは生姜。後味は結構スッキリしている。

王道たる純粋な中華そばに生姜を効かせ、後半はスッキリながらも深みのある美味いスープです。

恐らく幾分か魚介を合わせてバランス感をとっている感じもしますが、シンプルながらも旨くて山梨県内で類似するラーメンも思い出せないほど唯一無二感ある味わいで美味いです。

中細麺
中細の緩いウェーブのある麺

麺は中細で緩いウェーブの入ったやや加水の高い麺。食べた感じは汎用性のある麺かなと言う印象で、王道たるスープにもマッチしているし問題はない。

もしそうしていたら申し訳ないが、この麺に更なるこだわりを入れたら、とんでもなく面白いラーメンになりそうな気も!

そして期待のチャーシュー3枚。

このチャーシューが美味すぎた!

どんな仕込みをしているかわからないが、シンプルなのにューシーで美味いとはまさにこの事!

柔らかく臭み皆無。噛むごとにジュワーとジューシーな肉の旨みが溢れ出て最高にも程がある。

このチャーシューは食べて損はないので、お腹減っている人はイッパイ乗せて食べてね。

メンマ
コリコリメンマ旨し!

ラーメンの名脇役のメンマも細型だがコリコリして美味しかった。

結構レベルの高い一杯でビックリ!寒い時期に寒い場所であったまるラーメンを食べたと言う環境もプラスに働いているかもしれない。是非多くの人にケンケン軒の中華そばを知ってもらいたいなぁと思った。

念のため今一度言っておきます。ケンケン軒は完全不定期営業なのでお店のインスタチェックを忘れずに!ごちそうさまでした。