2022年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【深夜のラーメン酒場 火の車@甲府市】豚骨ラーメンと焼き鳥の店

今回は甲府市中央の【深夜のラーメン酒場 火の車】さん。

コチラのお店は長いこと【火の車】の屋号としてお馴染みでしたが、2020年12月から「らぁ麺 ゆら吉」さんがラーメン作りの手助けをする形(ほぼプロデュースの形)で【とん吉】の名で運営。

だがとん吉さんは2年は持たずいつの間にか閉店。2022年9月末より別の経営者さんにより営業開始。

屋号は【深夜のラーメン酒場 火の車】と昔と同様変えずに運営をされていくようです。

営業時間帯は、屋号・看板の通り【23:00〜翌4:00位まで】と深夜帯のみ。営業時間は様子を見ながら変更していく可能性もあります。

ベースは九州とんこつラーメンで、焼き鳥もメインメニューに据えています。

どっぷり深夜帯のラーメン店はこのエリアには無いので、重宝されるかもしれません。

麺じい
麺じい

外観・内観昔のまんまやで!

簡単に火の車の店舗紹介

店名:深夜のラーメン酒場 火の車

住所:山梨県甲府市中央1-20-20

最寄駅:甲府駅南口より徒歩15分

電話番号:不明

営業時間:23:00〜翌4:00位

定休日:月曜・火曜

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

 

場所は甲府市中央、春日あべにゅう沿い

火の車
通りからも目立つ火の車

春日あべにゅうの通り沿いで南側。

楽楽】【よつば屋ラーメン】【さんぷく】らが集うエリア。

深夜帯のみの営業ということで、街の活気も緩やかになりつつある雰囲気で、ぼんやり赤看板が目立ちます。

看板
赤色看板が目立つ

このように通り沿いからは真っ赤な看板が光っています。街ではお店のお兄さん方・お姉さん方も春日あべにゅうの通りに出ています。

個人的に火の車はあまり営業しているイメージがないので、電気が点いていると不思議な感覚。

深夜のラーメン酒場
深夜のラーメン酒場のフレーズが良い

お馴染みの看板「深夜のラーメン酒場」と書いてあり、文字通り深夜しか営業していない。

多分だけど外観何も変わってないから、お客さんは新しい店が出来たなんて分かってないかも…

スポンサーリンク

メニューは豚骨ラーメンがベース

メニュー
壁にはメニューの紙が貼られている

入店してお好きな席に着席。

壁には手書きのメニューが貼られており、ラインナップを見る限り「豚骨ラーメン」がベースになっていて、その中で「辛みそラーメン」「ちゃんぽん」「黒マー油とんこつ」などがある。

焼き鳥メニューも幾らか充実しており、店頭の置き看板からも、ラーメンと焼き鳥の二枚看板なのかも。ちなみに、オーダー時は麺の茹で加減を指定できます。

卓上
卓上には胡椒のみ

卓上には胡椒のみ置かれている。

座席はカウンターのみ約15席程。内観も最後にとん吉で見て以来だが何ら変わっていない印象。

昔からある店舗だが、比較的清潔感あって明るく居心地よかった。

込山製麺
込山製麺の麺を採用

入り口には笛吹市の込山製麺の麺箱が置かれていた。基本的に豚骨ラーメンなので細麺のみの取り扱いだろう。

とんこつラーメンのお供
とんこつラーメンのお供も頂ける

ラーメン注文の方には、豚骨ラーメンでお馴染みのお供【にんにく・紅生姜・高菜】も頂ける。なお店内BGMはやや大きくて聞き馴染みある曲が流れていた。

スポンサーリンク

辛みそとんこつ

辛みそとんこつ
辛みそとんこつ

着丼です。

こちらは豚骨ラーメンに辛味噌を和えた一杯になります。

トッピングはチャーシュー・味玉・海苔・きくらげ・胡麻・刻み青ネギ。

スープ
マイルド豚骨にピリッと辛みそ

スープはベースに豚骨スープ。獣感は抑えマイルドで柔らかな飲み口。そこにピリ辛の味噌を和えた構成。

ベースの豚骨は、特に変わった所のない馴染み深い味わいで、適度に刺激ある辛みの味噌がいいアクセントになっている。

個人的には調味料から「にんにく」を投入した組み合わせがお気に入り。

細麺
とんこつラーメンには細麺!

麺は笛吹市の込山製麺の細麺。

一般的な豚骨ラーメンの麺よりは気持ち太めな印象だが個人的にはこの麺好き。ガリガリな細麺よりも麺としてしっかりしていて、スープをちゃんと持ち上げられているので満足な美味しさです。

チャーシュー
チャーシュー
味玉
半熟味玉

トッピングのチャーシューと半味玉。

チャーシューは伸び代あり。味玉は難なく美味しかった。

高菜・紅生姜もマストで美味しく頂きました。ごちそうさまでした。