筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【初心者閲覧推奨】二郎系ラーメン虎の巻

二郎系好きですか?

日本にあるラーメンの種類の中で、最もしきたりやルールが独自で分かりにくのが「二郎系」ではないでしょうか?

 

その勢いはどんどん広がり、全国的にその旨さの虜になる人が増えています。

 

その中で、行ってみたいけれどルールが色々あるみたいで・・・

女性だけど気軽に入りにくくて・・・

初心者は入るのに緊張するなぁ・・・

 

という方も少なくないのではないでしょうか。

当記事では、主にそんな方に向けた二郎系のイロハの記事を書きたいと思います。

 

※記事の内容が全てのお店に該当するわけではないことをご了承ください

二郎系ラーメンの歴史

 

二郎系ラーメンの歴史は1968年まで遡る。

東京都の都立大学の近くに「ラーメン次郎」の屋号でオープンした。

経営者は元和食料理人だった山田拓美氏。

 

ラーメンを舐めていたところもあり、成功とは程遠いラーメンの販売数だった。

ある日から、縁があり近所の中華料理店で3ヶ月の修行。

それを契機に、様々な人のアドバイスを聞きながら独自の味を完成させて行ったという背景があるようです。

 

上記の通り、元々は「ラーメン次郎」だったのですが、店名の屋号をペンキで施す時に、ペンキ屋が間違えて「ラーメン二郎」としてしまった所から、そのまま「二郎」の名を使っている。

今の二郎があるのは、ペンキ屋の間違いがあったからなのですね。

 

その後も、様々な土地関連の拡張計画などに店が影響を受ける形になり、店じまいを余儀なくされた時もあったが、見事1996年6月に慶應義塾大学近くに現在の三田本店となる移転を遂げた。

ラーメン二郎の名称は商標登録もされている。

 

※以上、Wikipedeiaなどのページを参考。

創業者の山田拓美氏は、数多くの幸運にも恵まれて成功をおさめてきた人物であることがわかる。

 

ラーメン二郎の特徴

 

ラーメン二郎のラーメンはWikipediaによると以下の通り

麺の上には、野菜(モヤシとキャベツ)と叉焼が載せられる。豚肉を主な材料とした出汁に、醤油味のタレを加えて調整する。三田本店を含めた殆どの店舗で自家製麺を行い、原材料として日清製粉の強力粉「オーション」を使用している。出来上がった麺は基本的に比較的太く、ごわごわした縮れ麺となっている。

スープは豚肉や豚骨にキャベツの芯やニンニクなどの香味野菜を煮込んで作られる。豚の脂が混ざり脂肪分が多い。

ラーメン二郎で使う醤油は、以前は千葉県の柴崎味噌醤油店が製造しカネシ商事が販売していた「ラーメン二郎専用醤油」とラベルに表示されている醤油を使用していた。

現在は株式会社エフゼットによる「ラーメン二郎専用しょうゆ」を使用している。

 

言うなれば、次郎系ラーメンというものは学生向けに作られた濃厚で、量も多く、安価で美味しいがっつりラーメンなのです。

それゆえ、客層もほとんど男性。

時折女性も見えるが、一人で来る女性はなかなか見ないのが現状。

ニンニクを加えることで旨味が劇的に変化することから、店内にはニンニクの匂いが充満・・・

女性はやはり来にくいかもしれませんね。(もちろんニンニクを抜かすこともできる。)

 

接客

二郎系店舗では、接客に大きな力を入れていないことが多いです。

 

ラーメン作りに没頭している印象で、水汲みやテーブル拭きも全部お客様自身でやる。

人件費を抑える分価格を落とせている背景もあるでしょう。

 

なので、基本的にはいらっしゃいませ。ありがとうございました。

という基本的な挨拶がメインとなってきます。

 

そのため、客からは無愛想だとか思われることも少なくないですが、慣れている客からしたらこれが普通です。

店側も真剣にやっており、悪気はないので悪く思わないようにしましょう。

 

マシマシとは?

 

よくヤサイマシマシなどという言葉は聞いたことありませんか?

なんとなくわかると思いますが、マシマシは増量ということです。

マシマシは、無料トッピングの量を店側に伝える際に使う言葉ですが、マシマシは基本的に最上級の言い回しなので相当な量を食べることに自信のない限り言わないほうがいいですし、マシマシを受け付けてもらえないお店もあるようなので注意です。

トッピング量のオーダーの方法は、また下記で!

 

二郎系店舗と二郎系インスパイア店

↑絶大な人気を誇るインスパ店ラーメンエース。

 

二郎系店舗には「ラーメン二郎●●店」というように商標登録をした名称がつけられます。

中には、二郎系のラーメンを提供しつつ、屋号は「ラーメン二郎」と名乗らない店舗もあります。

独自に研究を重ねて二郎系同様のラーメンを提供するお店ですね。

 

家系ラーメンと同様ように、これらをインスパイア店と言いますが、インスパ店でも本家にも負けないような人気店がとてもたくさんあります。

それぞれに個性がありますので、自分好みのお店を見つけると良いでしょう。

二郎系店舗の並び

 

人気二郎系店舗の多くは、ランチタイム・ディナータイムには行列になります。

特に都内では狭い区画の中で営業しているお店も多いので、他店舗や住宅の迷惑にならないように並び方法もルール化されているお店が多いです。

順番を守らない・連れの分を確保というマナーを守らない行為はもちろんダメ。

従業員が整列確認をしに来ない店も多いので、自分たちで問題無いように並んでおく必要もあります。

 

初訪問の店などでは、これらのハウスルールがわからない部分もあると思うので、周囲の人に聞きながら並ぶことも必要でしょう。

言うならば、ちょっとしたコミュニケーションを取る勇気も必要になるでしょう。

 

並びルールを知らなくて、並びの列から溢れていた人も見たことあります。

余計な時間やストレスを生まないためにも、周りにわからない部分は聞いていきましょう。

ボクもわからない部分は積極的に聞いて解決して来ました!

 

食券購入

注文をするには食券を購入します。

食券購入のタイミングの多くは、店内に入ったときですが、食券購入後に並ぶ店舗もありますので周りの人をよく見ましょう。

 

デフォルトの量が多い!安い!というのも二郎系の特徴です。

初見の人は案外安いなぁ・・・と、麺量多めの食券を購入する人もいうようですが、注意が必要です。

当然ですが、頼んだ麺量のラーメンは完食しましょう。

 

ちなみに、基本的なラーメンの麺量は店舗によっても違いますが300g前後と結構麺量が多いです。

量が少なめの「ミニ」「プチ」もありますが、それでも180gだったり200gだったりしますので自信のない人はこちらを頼みましょう。

 

着席方法

 

着席の際には水をセルフで汲んでから座りましょう。

 

店によって着席推奨順序があります。

特にオープンしてすぐの入店1巡目は、店の推奨する着席順序の通りに座っていきましょう。

前の人に続いて、詰めて座ること。

 

奥の方が空いているから・・・と離れて座ると、店側から詰めて座って!などと注意を受けることもあります。

また、そのまま座っているとオーダーを受ける順番が遅くなることもあります。

 

二郎系のお店は、基本的には端から順番にオーダーを取っていきます。

来店した順番というよりは、座った順番にオーダーを取るイメージなので流れを乱す座り方はしないようにしましょう。

※ですので着丼まで、多少の順番前後はありますし、つけ麺系は時間を要することがあります。

 

食券は店員さんが厨房から見える位置に置きましょう。

基本的に、食券を置いた際にトッピングの量を伝えたりするのはNGです。

トッピングは、ラーメンの完成時に店員さんから聞いて来ますのでそれまで沈黙しましょう・・・

 

コールとは?トッピングの種類は?

二郎系で忘れてはいけないのがコール。

コールとは、ラーメン完成直前にトッピングの内容と量をどうするか聞かれた際に答える内容のことです。

 

「ニンニク入れますか?」

「トッピングはどうなさいますか?」

二郎系店、インスパ店によって違いはありますが、このような感じで聞かれた時がコールを返すタイミングとなります。

ちなみに豚(チャーシュー)は基本元から入っています。

 

その時に返すトッピング内容は以下の通りです。

  • 野菜
  • ニンニク
  • アブラ(背脂)
  • カラメ(味の濃さ)

野菜とは?

野菜とは文字通り野菜トッピングです。

基本的にはボイルしたもやしキャベツを混ぜ合わせたもの。

店によって野菜の配合が変わります。

 

ニンニク

ニンニクは刻みニンニクを丼に入れてくれるのだが、個人的に旨味を増やしたいなら入れることを勧めるます。

ただし、匂いが強いので、人に会う用事のある人は控えた方が良いでしょう。

匂いに敏感な人なら、高確率で気づきます。

麺じい

二郎来たんやったらニンニク入れんとアカン!

アブラ(背脂)

アブラは背脂のことで、甘みと旨味を持つ油を麺の上に乗せてくれます。

よりヘビーに旨さを追求したい人は入れてみて下さい。

 

カラメ(味の濃さ)

二郎系は日によって、スープの出来具合が変わったりします。

細かく見るなら、ちょっとした濃い・薄いがあるでしょう。

味が濃いものが好きな人はカラメをオーダーすると、タレを増量し味を濃くしてくれます。

もともと味は濃い方なので、初見のお店なら特にオーダーする必要はないでしょう。

 

コールの返し方

 

上記で述べたように基本的にトッピングとして返す内容は4種類です。

その中で、そのトッピングの量の伝え方も様々あります。

 

基本的にラーメンそのままを食べたい場合には。

店員:「ニンニク入れますか?」

自分:「そのままで!」「普通で!」

で大丈夫です。

→これにより出てくるのは、「野菜」「アブラ」「カラメ」が適量入ったラーメンです。

ニンニクは基本コールしなければ入りません。

 

もしトッピングの量を増量させたい場合には

「野菜で!」

「野菜マシで!」

「野菜マシマシで!」

というようにコールすることによって、そのコールに応じた野菜量にしてくれます。

これはニンニクやアブラでも同様です。

 

逆に野菜少なめニンニク少なめといったコールにも対応できます。

自身の予定や体調、空腹具合いと相談しながらコールしましょう。

例として・・・

店員:「ニンニク入れますか?」

自分:「野菜マシ・ニンニク・アブラで!」

→これで出てくるのが、「多めの野菜」「普通のニンニク量(それでも多い?)」「やや多いアブラ」が乗ったラーメンが着丼するでしょう。

 

ラーメンの食べ方

IMG_4901

二郎系のラーメンはハイカロリーで麺もかなり太い。

そのため、麺がスープを吸うまでにうまく食べていかないと、後で辛い思いをする可能性もある。

 

天地返しといい、野菜の上に麺を一旦避難させながら食していく食べ方もある。

独自で工夫しながら二郎に向かっていく必要があるでしょう!

 

 

そして、二郎系ラーメンでは結構黙々とラーメンを食べている光景を見る。

あまりおしゃべりをせずに・・・スマホも見ずに。

 

店側は客がラーメンを食べている間も、後に続く客のためにラーメン作りをコントロールしながらやっています。

食べるスピードは客の自由でもあるが、店側は客の食べるペースも見ています。

極端に食べるスピードが遅い人がいると、ラーメン作りのペースが乱れてしまうことにも繋がります。

 

1回に4人分の麺を茹でることを「1ロット4人前」と言い、店員が食券を見る前からこれを茹でることがあるが、1人の食べるスピードが遅かったりすると、これが乱れることがあります。

俗に「ロット乱し」などと言ったりします。

 

店独自の調理法なのだが、ロット乱しをさせないように客側もそれを理解し協力しているという流れなのでしょう。

食べるスピードが遅くても、あからさまに注意を受けることはないでしょう。

まぁ、食事はゆっくりしたい人も多いでしょうからね。

 

一般的なラーメン店よりも、客の食べるスピードは速いでしょう!

多くの人は満腹中枢が刺激される前に完食しようと必死だったります。

これにより店の回転は早まって、店も、後ろの客も嬉しい!という構図が成り立つのですね!

 

調子に乗って、マシ過ぎて食べられなくなると注目を浴びてしまうのです!

 

完食後は速やかに退店

 

美味しいけど、ヘビーなラーメン。

スープまで飲み干す必要はありません。全部飲んだら後に響く可能性もあります。。

 

麺やトッピング・豚を食べ終えたら丼をテーブルにあげ、布巾でテーブルを拭き、ごちそうさまを言って帰りましょう。

万が一残してしまっても「すみません」と一言添えれば大丈夫でしょう。

次から残さないようにオーダーしましょう。

 

人気レベルが屈指の二郎系店舗

 

日本の中にはダントツの人気店となっているお店もたくさんあります。

毎日行列が絶えなく、男たちが多く集うお店です。

簡単ではありますが。都内の超有名人気店を紹介します。

 

八王子野猿街道店2

IMG_4900

ジロリアン達のランキングでも軒並み上位!

というか、だいたい1位の人気店は、八王子にある野猿街道店2。

 

味・ボリュームの評判がすこぶる高く、中毒者を続出させる名店。

コールは甘く見てるととんでもないことになるので慎重に!

混み合うが回転率も程よく高く、店としてのクオリティが高い。

 

人気屈指の二郎系インスパ店

 

こちらでは、インスパイア店の中でも抜群の人気がある店、勢いのある店を紹介します。

 

ラーメンエース@八王子

野猿街道店2がある八王子に、インスパ店でも熱烈な人気を誇る店がラーメンエース 。

目の前に大学があることで、日頃から若い男達がこの店に集う。

火の豚@人形町

火の豚は近年、急成長・急拡大している人気系列店。

「二郎系」と「蒙古タンメン」の要素を併せ持つ、まさにいいとこどりのラーメン。

写真は人形町で有名なフュージョンだが、伝説のチーズといいこれでもか!というほどのチーズのトッピングもあったりする。

 

まとめ

 

二郎系のお店は美味いです。

安いし、お腹いっぱいになります。

人気店になったり、行列を作るお店は理由があるのです。

 

特に、世の男性陣の胃袋を満たし続ける二郎系は、今後どのように進歩していくか楽しみですね。

これを読んで、ラーメンが食べたくなったあなた・・・

・・・これからニンニク入れに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。