筆者が選ぶ★2019年山梨県内ラーメンランキングはコチラ

【自家製麺No 11@下板橋駅】2019年話題性No.1!愛されまくる二郎インスパ

自家製麺 No.11@下板橋駅

今回は板橋区下板橋駅近くにオープンした新店舗「自家製麺 No11」さん。

おそらく2019年で一番話題性のある新規オープン店ではないかと思います!

 

店主さんはラーメン富士丸@西新井大師店の店主をしていたマサさんこと木村政美さん!

人望が厚く人気者だった店主さんだけに、オープンからのお客さんの反応が凄すぎます!

 

名だたる名店の店主さんたちもオープン期間に足を運んでラーメンを食しているので、その期待値は遥か雲の上!

 

グランドオープン時は並び100名近くになったという情報もあります。

そんな多くの人たちに早くも愛されまくっているお店に行ってみました。

麺じい

ボリュームに気をつけなはれや!

オープンは2019年7月11日。

簡単に店舗紹介

 

店名:自家製麺 No11

最寄駅:東武東上線下板橋駅より徒歩10分

住所:東京都板橋区大山金井町14-12

電話番号:不明

営業時間:18:00~24:00  [日] 12:00~16:00

定休日:火曜・第2水曜

SNS:Twitter

※当情報は100%確実な物ではない場合もありますことをご理解下さい。

立地・駐車場など

場所は板橋区大山。

東武東上線の下板橋駅と大山駅の中間あたりに位置します。

駅からはそれなりに歩きます。

基本的に日曜以外の営業時間は18:00から24:00まで。

 

結構行列が凄まじく、30名並びは当たり前。

閉店間際の11:45あたりでも20名以上並んだりと、その人気は早くも規格外!

 

基本的には食券を事前に購入し、並んでいくスタイル。

店前にも10脚ほどの椅子もあります。

 

入店は7名ずつか6名ずつ(1ロット分)を1組として一気に入店させます。

店員さんもテーブル拭きなどしてくれ、出迎え体制万全にして入店させてくれるのが嬉しい!

 

順番が間も無くになると、店員さんが食券を預かりにきます。

「麺量」「麺の固さ」などはこの際に伝えましょう。

注意
麺は茹で前で350gと破格の量!

小食の方・女性は麺少なめか麺半分を告げましょう

 

店内には黒烏龍茶自販機もありますよー。

店内レイアウト・環境・コンセプト

券売機はラーメン一択。

ラーメンは二郎系インスパ。

豚増しにしたり、トッピングを選択したりします。

 

本家よりやや価格割り増し感はあるが、麺量がかなりすごいので良し!

無料トッピングは【ちょい野菜・ニンニク・ちょい脂】と控えめな選択肢。

野菜は増すと相当な量になるので注意だぜ!

卓上調味料は、かえし・ゴマ・ラー油。

厨房の中もよく見え、マサさんが人懐っこい笑顔でお客さん対応したり、麺づくりをしています。

お先に【あぶら入りメンマ】。おぉ〜うめぇー!

ラー油入れるともっと旨い!

 

あっ、席レイアウトはオールカウンター13席です。

ラーメン 850円

【 ラーメン 85円 

着丼です。

コールは【ニンニク・ちょい脂】

野菜はコール無しで割と少なめ。

他にもうずら・なるともINしています。

野菜を増さなければ、縦の立体感も弱め。

ただし麺がすごい量!

個人的に食べきれそうにないので、麺少なめをオーダーしましたがそれでも多い!

スープは乳化されていて、一口啜るとバランスのとれた豚スープで美味い。

強烈な野生感などはなく、万人ウケする二郎インスパ的味わいで美味い!

ややしょっぱめにしたい人は卓上のかえしを入れること推奨!

MEMO
例のごとく変化を加えたい方は、生たまご推奨!

特に生姜ダレは味が引き締まり美味く、人気が高い!

自家製の太麺は茹で前でデフォルト350gというから驚き。

「麺多いので無理しないでくださいね」とお客さんに声を掛ける優しいマサさん。

強烈なワシワシ感はなく、非常に食べやすい柔さの麺。この麺美味いなぁ!

そして特出すべきはこの「豚」🐖

ホロリとほぐれるのはもちろん、下味のつけ方が絶妙!

結構しょっぱめにあしらわれていて、麺と一緒に食すと悶絶級の神豚に昇華

しょっぱいけど、麺との相性が抜群でこれまでの豚ではトップクラスに好きかも

 

隣で「二郎系にはね、俺はうるさいんだよー!」などといろんなお店の味を辛口で物申していた酔っ払いのお客さんも、「あーこれはうめーなー!」としみじみ絶賛されていたラーメンです(笑)

 

美味しくいただきました。

閉店の夜中12時を過ぎても絶えないお客さんを受け入れている優しくて素敵な店でした!

ごちそうさまでした。