筆者が選ぶ★2021年山梨県内ラーメンランキング

カップ麺【武蔵家 家系MAX】インパクト大!味・感想をレビュー

武蔵家

実食する人:YUKI(ユキ)【Twitter

山梨県・東京都をベースに日本屈指のラーメン店巡りをしています。

そんな私、YUKI(ユキ)がカップラーメンを食して感想をレビューします。

数多くの名店を巡っている経験を生かして、感想を書いていきたいと思います。

YUKIの詳細プロフィールページはコチラ。

 

東京都内の家系シーンで旋風を巻き起こす武蔵家

 

現在と東京都内の家系ラーメン店ではダントツで「武蔵家」に系譜を持つ店が出店を重ねています。

新店舗の家系店のほとんどが、「武蔵家」と言っていい位の比率です。

元祖直系「吉村家」の登場から、家系ラーメンブームは衰えるどころか活性化しているようにも見えます。

 

個人的にも「武蔵家」に系譜を持つ店の新規オープンには数多く行ってきました。(6店舗は食しました)

どの店にも言えるのは、豚骨が濃厚でややビター。その中で豚の旨みをしっかり感じ取れる構成の一杯です。

武蔵家系譜の家系は、ご飯の永久無料をするなど、麺からスープまで美味しく食してもらおうと工夫を凝らしています。

 

そんな若者から年配まで、特に男性に強い支持を受ける「武蔵家」の一杯がカップ麺で食せるのです。

 

武蔵家 家系MAXのステータス

武蔵家パッケージ

メーカー 寿がきや
販売店 全国販売
発売日 2020年5月18日
調理時間 熱湯4分
定価 税込286円
味構成 家系
1食の量 133g
カロリー 463kcal

武蔵家側面1 武蔵家側面2

こちらの麺は寿がきや生産の全国販売となっています。

家系では同じみの「鶏湯」を効かせた深みある一杯です。

 

なお、家系ラーメンでは、味の濃さ・油の多さ・麺の硬さを好みで調整できますが、コチラの商品はMAXとだけあって【味濃いめ・油多め・麺硬め】と最もガッツリな調整となっています。

味濃い家系が好きな人は是非食べて頂きたいです。

 

カップ麺の中身を開封

麺とかやく

カップ麺を開封すると、かやく・液体スープ・海苔が登場。

麺はノンフライ麺で色合いが美しい。

 

液体スープと海苔のみ後入れになります。

結構シンプルな調味料ですね。

 

東京芳醇煮干ししょうゆを実食レビュー

ラーメン完成

調理が完了し、実食に移ります。

 

スープ

スープの味わい

スープの色合いは家系らしく、濃い茶色。

一口含むとそのインパクト・パンチに驚かされます。

MAXの名に嘘はなく、味濃く・油多く完全にガッツリテイスト!塩っぱめであります。

 

ただし嫌な塩っぱさではなく、ギリギリのラインを攻めていて、次の一口を飲みたくなるような味構成。

正直、ここまで攻める味わいで商品化するのは勇気が要るだろうな…と思いました。

個人的には大好きです。

 

麺

麺の味わい

麺は中太縮れ麺。

武蔵家では最たる人気を誇る、「酒井製麺」を使用しています。

こちらの麺も、ちぢれていて食感も程よく硬く、酒井製麺に近づけている感を垣間見れます。

すすり心地も良く、完成度の高いラーメンだと思えました。

 

総評

 

武蔵家 家系MAX
オススメ度
(4.5)

とにかくインパクトが強い一杯。

人によっては塩っぱすぎる…と言う人も居るかもしれないが、これだ攻めた味構成を商品化した寿がきやを称賛したいです。

これ以上濃くなると嫌ですが、美味しかったです。